cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    シンボル・・・ (ピサの斜塔/ ピサのドゥオモ広場)

    Posted by K.Mickey on   2 comments   0 trackback

    少し遠くから見えてきて・・・

    その姿を見た瞬間にそれだとわかるもの・・・

    ピサの斜塔 大鐘楼 201603

    それこそシンボルと呼ぶにふさわしいものです。

    この傾きは・・・

    正にシンボル !  (^_^;)H

    ピサの斜塔 大鐘楼 4 201603

    イタリアを代表する建築物の一つ

    世界遺産 「ピサのドゥオモ広場」 を構成する鐘楼 「ピサの斜塔」

    ピサの斜塔 ピサのドゥオモ広場 201603

    ピサの斜塔 ピサのドゥオモ広場 2 201603

    この塔は時を告げる鐘楼・・・

    ピサの斜塔 大鐘楼  釣鐘 201603

    遠景ではわかりにくいけど、ちゃんと、鐘があることがわかりますね。 (#^.^#)

    ピサの斜塔 大鐘楼  釣鐘 2 201603

    工期は、第1工期1173年 - 1178年、第2工期1272年 - 1278年、第3工期1360年 - 1372年で、各工期が5-10年程度と非常に短いのに反し、各工期の間は約100年と非常に長い・・・

    ・・・というのも、

    1173年8月9日の着工時には鉛直であったが、第1工期後には既に塔が傾きはじめ、第2工期でややその傾斜を修正しつつ建設が再開されたものの、その傾きはなおも止まらず、第3工期を迎え、傾斜が修正できなかったため、最上階層のみ鉛直に建てられている・・・とのことで

    ・・・計画実現のために建設をすすめる中で、止まらない悪化の状況に悩んだのでしょうね


    傾いた原因は、地盤の土質が極めて不均質であったことによる不同沈下

    即ち、地質学の問題、そして端的に言えば設計・施工力の問題(欠陥)なのに・・・

    ・・・時代を経て、この建物を知らない人は殆どいない。


    それは傾いても立ち続けていることと、諸説ある建物にまつわる伝説によるものでしょう。



    ただその伝説ですが・・・

    16世紀に、ガリレオ・ガリレイによる落下の実験が行われたという伝説が残っているが、ガリレオがピサで実験を行った事実は無いとされている。

    らしく・・・

    僕も子供の頃に聞いて、完全に信じていました (^_^;)


    因みに、次回の記事で取り上げる予定の、隣に建つ大聖堂にあるガリレオのランプ・・・

    身廊のほぼ中央に吊り下がっているブロンズ製のこのランプ、ガリレオがこのランプの揺れをみて振り子の等時性を発見したと伝わっているが、これも事実ではないと考えられている。

    ピサ大聖堂 身廊 後塵 ガリレオ 振り子の法則のランプ 201603

    ・・・のだそうです。 (^_^;)(^_^;)マジか



    サンタ・クローチェ聖堂(Basilica di Santa Croce)  ガリレオ 2 201603

    サンタ・クローチェ聖堂(Basilica di Santa Croce)  ガリレオ 3 201603

    尚、余談ですが、ガリレオの遺体は、写真でご紹介している、後に訪れたフィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂(Basilica di Santa Croce)に埋葬されています。

    サンタ・クローチェ聖堂(Basilica di Santa Croce)  ガリレオ 201603

    サンタ・クローチェ聖堂(Basilica di Santa Croce)  ガリレオ 6 201603

    ここには、ガリレオの他に、ミケランジェロ、マキャヴェッリ、ジョヴァンニ・ジェンティーレ、ロッシーニなどの有名人も埋葬されているとのことです。

    サンタ・クローチェ聖堂(Basilica di Santa Croce)  ガリレオ 5 201603

    サンタ・クローチェ聖堂(Basilica di Santa Croce)  ガリレオ 4 201603

    サンタ・クローチェ聖堂(Basilica di Santa Croce)  ガリレオ 7 201603

    ・・・余談でした。


    ピサの斜塔

    全ては傾いていることから始まり・・・

    伝説がさらなる魅力を高め、今も尚、全世界の人々の注目を集める建物と言えますね。



    ピサの斜塔 大鐘楼 2 201603

    何でもいい・・・

    存在が伝わり続けることが大事

    そしていつしか、無くてはならないものになる

    ・・・シンボルとはそういったものです。



    人間社会でも同じだと思っています。

    ピサの斜塔 大鐘楼 3 201603

    ただ、そのような生き様

    僕は、・・・少々草臥れました

    と言うか、最初から、そんなことができるほど器用じゃないわな (^_^;

    ピサの斜塔 大鐘楼  釣鐘 3 201603

    忘れられるのは仕方ない・・・
    そう考えたほうが、気が楽になれるんだろうなぁ・・・

    ・・・たしかに、最近、そう思うこともあります。


    例え、人の心が離れても
    せめて・・・倒れそうでも決して倒れない、この塔のようでありたいものです。


    Menu画面へ

    スポンサーサイト

    Comment

    hikaru says... ""
    こんばんは☆

    すごい、傾いたままなんですね!
    でも、シンボルだからこのままでいいんですね(^^)
    生きていくうえで楽しいことばかりではないので
    何があってもこの塔のように倒れそうでも
    決して倒れないという気持ちでいたいですね。
    2016.10.16 20:17 | URL | #yd3ovDBc [edit]
    K.Mickey says... "Re: タイトルなし"
    > hikaruさん

    こんばんは☆

    有名な斜塔・・・
    実は、多くの人々に支えられているから傾いたままでも立っていられるのですよね。
    自分だけで出来ることなんてない、僕はそれを忘れてはいけないと思っています。

    hikaruさんも、機会がありましたらぜひご訪問くださいね (#^.^#)
    ここは、とても素敵な建物が他にもいくつかありましたよー
    2016.10.19 22:58 | URL | #- [edit]

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback

    trackbackURL:http://cafewalt.blog.fc2.com/tb.php/371-427edd71
    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。