cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    杖なき魔法 (USJ ホグズミード村)

    Posted by K.Mickey on   2 comments   0 trackback

    ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター


    長く暗い森の中の道を抜けると・・・

    USJ 15th ハリーポッター フォード・アングリア ウィズリー 車 201605 

    そこに忽然と現れる少し怪しげな気配漂うこの村一帯の景色は・・・

    ・・・外界とは隔離された、どこかしか秘密のある雰囲気に溢れているような気がします。

    USJ 15th ハリーポッター ホグズミード 入口 201605

    USJ 15th ハリーポッター ホグズミード 201605

    住民が魔法族のみと言われる魔法の村、ホグズミード(Hogsmeade)


    USJ 15th ハリーポッター ホグズミード ホグワーツエクスプレス 201605

    ホグズミード駅

    USJ 15th ハリーポッター ホグズミード ホグワーツエクスプレス 201605

    悪戯専門店 「ゾンコ」

    USJ ハリーポッター ホグズミード ゾンコ 201605

    USJ ハリーポッター ホグズミード ゾンコ  201605

    菓子店 「ハニーデュークス」

    USJ 15th ハリーポッター ホグズミード ハニーデュークス 201615

    USJ 15th ハリーポッター ホグズミード ハニーデュークス  201615

    USJ 15th ハリーポッター ホグズミード ハニーデュークス バーティー・ボッツの百味ビーンズ 201615


    喫茶店 「マダム・パディフットの店」

    魔法用具店 「ダービッシュ・アンド・バングズ」

    USJ 15th ハリーポッター ホグズミード ダービッシュ・アンド・バングズ 怪物的な怪物の本 201605

    「スクリベンシャフト羽根ペン専門店」

    「グラドラグス魔法ファッション店」

    「ホグズミード郵便局(ふくろう小屋)」

    USJ 15th ハリーポッター ホグズミード ふくろう小屋 201605

    「ワイズエーカー魔法用品店」

    「フィルチの没収品店」

    パブ 「ホッグズ・ヘッド」

    USJ 15th ハリーポッター ホグズミード ホッグズ・ヘッド 201605

    そして・・・

    「オリバンダーの魔法の杖の店」

    USJ 15th ハリーポッター ホグズミード オリバンダーの杖 201605

    店内には、所狭しと魔法の杖が収められた箱が積み上げられています。

    USJ 15th ハリーポッター ホグズミード オリバンダーの杖   201605


    このエリアは、ミステリアスな雰囲気の中、至るところに魔法を感じますが・・・


    USJ 15th ハリーポッター ホグワーツ城 門 201605

    でも・・・

    きっと、それは僕らを惑わす幻想なのでしょう。

    USJ 15th ハリーポッター ホグワーツ城 201605


    レストラン 「三本の箒」

    USJ 15th ハリーポッター ホグズミード 三本の箒 201605

    USJ 15th ハリーポッター ホグズミード 三本の箒メニュー 201605

    USJ 15th ハリーポッター ホグズミード 三本の箒 店内 201605

    そのテラス席・・・

    黒い湖と、そしてホグワーツ城を同時に眺められるのは、世界でここだけだと聞きます。

    USJ 15th ハリーポッター ホグズミード 三本の箒 テラス 201605

    ここは、ウィザーディング・ワールド・・・

    広がり始める漆黒の闇

    魔法の刻


    USJ 15th ハリーポッター ホグワーツ城  201605

    人は “魔法使い” ではありませんが・・・


    些細なことで喧嘩になったり、イライラさせられることがあったり・・・
    でもなぜか、一緒にいるだけで自然と笑顔が増えたり・・・
    妙に安心できたり・・・

    目には見えない幸せを、たくさん与えられているような

    ・・・そんな、心に作用する力

    日常にある何気ないことであって、しかし実はすごく特別なこと

    失ってみて、価値の大きさがわかるようなもの


    人が使える魔法があるとしたら、そういったものなのでしょうね。

    USJ 15th ハリーポッター ホグズミード オリバンダーの杖  201605

    だから、人には杖など必要ありません。


    出来ることは、ただ・・・

    大切な人を想い、そして自分を磨くことだけです。


    Menu画面へ

    スポンサーサイト

    時間の中へと消える (USJ ザ・フライング・ダイナソー/バックトゥザフューチャー・ザ・ライド)

    Posted by K.Mickey on   2 comments   0 trackback

    15周年の目玉アトラクションといえば 「ザ・フライング・ダイナソー」(3月18日オープン)

    USJ 15th ザ・フライング・ダイナソー 201605

    「ジュラシック・パーク」の敷地内に密かに潜んでいたとされるプテラノドンに掴まれ、上空高く、また急降下を繰り返しながら飛ぶという設定のフライング・コースターです。

    USJ 15th ザ・フライング・ダイナソー ゲート 201605

    このアトラクション、世界最高のフライング・コースターというキャッチフレーズですが、それはコース全長1,124m、落下高度37.8mというのが、世界最長&最大の高低差らしく・・・

    ・・・と、僕にはこれ以上の解説はできません。(^_^;)

    確かに、宙ずり感あり、ひねりあり、地上への落下感(地下への突入)ありと、凄そうです (^_^;)

    USJ 15th ザ・フライング・ダイナソー ゲート 201605

    因みに・・・フライングコースターとは?

    ジェットコースター(ローラーコースター)の中の一つの種類を指す言葉で、「出発と共に座席が下を向き、常にうつ伏せの状態で走行するもの。空を飛んでいるかのような感覚を味わえる。」ものと定義されているようです。

    USJ 15th ジュラシックパーク・ザ・ライド サイン 201605

    USJ 15th ジュラシックパーク内 看板 201605

    このエリアは、そう言った意味でも今は活気がありますね。

    USJ 15th スピノサウルス 201605

    USJ 15th スピノサウルス  201605

    USJ 15th ジュラシックパーク・アウトフィッター 201605

    そこで敢えて一つ、あくまでマイノリティである僕の好みとして、苦言を言わせてもらうなら・・・・

    USJ 15th ディスカバリー・レストラン 201605

    フライングコースターの特性から、そのレール下、つまり、僕らの歩く頭上にはモノの落下対策としてネットが張られているのですが、これがその支柱含めて、“ネット張ってます感”が半端なく・・・・

    雰囲気重視のロマンチストとしては、もう少しカモフラージュできなかったのか?

    ディズニーでは、有り得んだろう・・・などと・・・ (^_^;)

    USJ 15th ディスカバリー・レストラン ティラノサウルス骨格 201605

    USJ 15th ディスカバリー・レストラン ティラノサウルス頭骨 201605

    USJ 15th ディスカバリー・レストラン ティラノサウルス爪 骨 201605

    さて・・・

    RE-BOOOOOOOORN!をテーマとし、新しいアトラクションができる一方で、消えてゆくものがあります・・・

    USJ 15th 未来科学研究所 バックトゥザフューチャー・ザ・ライド  201605

    5月31日で、「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」がクローズします。

    世界最高を届け続けるために、次の進化に向けて準備をスタートするため・・・のようです。

    USJ 15th ミニオン マート  201605

    ショップだけは、いち早くミニオンズ仕様に変わっていましたね。

    USJ 15th ミニオン マート 201605

    映画の体験も含め、思い出が溢れるライド・・・

    寂しい限りですが、致し方ありませんね。

    また一つ・・・・
    思い出になってしまう・・・

    USJ 15th バックトゥザフューチャー・ザ・ライド  201605

    タイムトラベル

    時間をテーマにしたストーリー

    USJ 15th バックトゥザフューチャー・ザ・ライド デロリアンⅡ 201605

    皮肉なことに、それもまた時の中に消えてゆく・・・

    儚いものです。

    USJ 15th 未来科学研究所内部 バックトゥザフューチャー・ザ・ライド  201605

    時の流れの中で、無くしたものを取り戻すことは出来ません。

    だからこそ・・・

    USJ 15th バックトゥザフューチャー・ザ・ライド サイン 201605

    ・・・今日、僕らは目の前のことに努力するしかありません。


    全ては、この先の未来を失わないためです。

    USJ 15th institute of future technology バックトゥザフューチャー・ザ・ライド  201605



    関連記事:
    ・ バックトゥザフューチャー・ザ・ライド
    ・ デロリアン(未来を生きるために)


    Menu画面へ

    エンターテイメントの源泉 (USJ 15th RE-BOOOOOOOORN!)

    Posted by K.Mickey on   2 comments   0 trackback

    USJ 15周年に行ってきました。

    USJ 15th RE-BOOOOOOOORN ゲート 201605

    USJ 15th RE-BOOOOOOOORN ゲート 201605

    テーマはRE-BOOOOOOOORN! (リ・ボーン!)

    やりすぎよう!殻を破ろう!そして、生き返ろう!
    つまり、自分自身の再生です。

    USJ 15th RE-BOOOOOOOORN ゲート 201605

    パークにとっての節目である15周年
    その再生・・・

    これまでにもコメントしたことではありますが・・・
    リ・ボーン!という言葉には、従来の価値観を取り払い、新しく生まれ変わることを目指しているパークの姿勢が被ります・・・

    USJ 15th 風景 アミティとホグワーツ城 201605

    つまりそれは、パークのキャッチコピーにある「世界最高(のエンターテイメント)を届けたい」という言葉の中にあるのでしょう。

    エンターテイメントには、娯楽、催し物の他に、おもてなしという意味があります。

    そしてそのKeywordは、「人」です。




    今のUSJは、ハリウッド映画だけに拘らない・・・

    USJ 15th 進撃の巨人 THE REAL 4D 201605 

    それが各領域のマイノリティ(マニア)の支持を受け、相乗効果を生み、全体としての集客量アップに繋がっている。
    さらに、ホラーナイトのようなハード投資の必要ない(固定費の増加とならない)斬新なイベントを取り入れたりと・・・

    ・・・その発想転換には、人の知恵(アイデアと大きな決断)がありました。

    USJ 15th スパイダーマン 201605

    勿論、僕はもともとの基本コンセプトである映画のテーマパークで有り続けて欲しいと強く願う一人です。

    でも、今の状態を見ると所詮は遠吠えですよ (^_^;)

    USJ 15th ジュラシック アウトフィッターズ 恐竜 201605

    そして、おもてなし・・・

    今回の訪問では、売り場のスタッフが以前にもましてエンターテナーになっていることに、この再生への意気込みを強く実感しました。

    食事のオーダーでも、ショップ内でも、必ず笑顔で色々と声をかけてきてくれます。

    カメラを持って歩いていると、「良い写真が撮れましたか?どうぞここも撮っていって下さいね」って、幾度も・・

    USJ 15th アミティヴィレッジ ジョーズ看板 201605

    印象・・・

    僕の日常で、最近、とある女性に言われたことですが・・・

    USJ 15th アミティ ブロンズ像 操舵手 Sea Fever 201605 

    「K.Mickeyさんの笑顔は素敵ですので、きっと大きな戦力になりますね・・・」

    「K.Mickeyさんには、どこかしらセンチメンタルな雰囲気がおありなので・・・」

    ・・・ etc. (^_^;) 

    USJ 15th アミティ ブロンズ像 操舵手 201605 

    ちょっと持ち上げすぎ・・・・ (^_^;)
    とは思いましたが、

    久しぶりにストレートな表現をしてくる女性に出会って・・・
     
    しかも彼女、僕とは業務上で殆ど接点がない人だったので、突然の意外なメッセージに正直驚きました。

    USJ 15th アミティ アイランドギフト 201605 

    増して僕は、作り笑顔ならともかくも、人前でセンチメンタルな表情なんて浮かべたことなど絶対に無いはず・・・(笑

    USJ 15th アミティ ランディングレストラン 201605

    USJ 15th アミティ ランディングレストラン 201605 


    USJ 15th RE-BOOOOOOOORN Market 201605

    でもどこかで・・・

    本当にちょっとした、しかも何気ないシーンだけを見られて、僕のイメージは作られているものなのだと感じました。

    USJ 15th RE-BOOOOOOOORN サイン 201605

    日常がそうであるように、印象はとても簡単なことで決められてしまい・・・

    それが次への期待にも・・・
    逆に失望にも繋がる。

    USJ 15th ショーウィンドウ 201605 

    だからこそ・・・

    まして困難な状況があるときほど、ハード以上にソフト(人)の力は求められるのでしょう。

    USJ 15th ショーウィンドウ 201605 

    知恵と表現力(伝える力や印象)・・・

    それこそがエンターテイメントの源泉



    人の持つ力は確かに未知数ですから・・・


    USJ 15th ウォーターワールド 201605 

    だから諦めずに努力していれば、いつかきっと本当のヒーローやヒロインは現れる・・・

    USJ 15th ウォーターワールド 201605

    いや、USJ15周年のテーマ「RE-BOOOOOOOORN!」から言えば、殻を破り、自分がヒーローになれるはず・・・

    ・・・ですね (*^^)v


    USJ 15th 風景 201605 

    USJ 15th Mels Drive-in ネオンサイン 201605 

    さて、最近はいくつかの話題を立て続けに発表しているUSJ・・・

    USJ 15th 風船 201605 

    USJ 15th ネオンサイン 201605 

    そしてこのV字回復を確実なものにしたのは間違いなくハリー・ポッター効果と言えますが・・・

    USJ 15th ハリーポッター フォード・アングリア 201605 

    そのあたりは、次回以降の記事で触れます・・・



    Menu画面へ

    僕はいつも・・・  (ローマ水道橋の隠れミッキー)

    Posted by K.Mickey on   2 comments   0 trackback

    ・・・そう、いつもここにいる

    水道橋 隠れミッキー


    見えていなくても、そこにあるもの・・・

    でも、知らなければ、気づくこともないのでしょう。


    だから、探さないと決して見つからない・・・

    ・・・身の周りにあるかもしれない感動やチャンスなんて、いつもそんなものです。


    TDS 2015 ローマ水道橋

    さて、そろそろ出かけよう・・・

    感性が揺さぶられる旅へ

    ・・・僕が今よりもオトナになるために

    TDS2015 ガレオン船ルネサンス号 SEAS

    時は、待っていてくれそうもないから



    Menu画面へ

    友人の故郷、そしてマゼラン終焉の地 (マゼランズ・ラウンジ)

    Posted by K.Mickey on   2 comments   0 trackback

    エピソードを一つ

    僕には今、フィリピン人の友人がいます。
    と言っても、彼は僕の語学の先生

    先日、「遅くなったけど・・・これ・・・」 と、
    僕の記念日の1週間後、レッスン終了時に、祝いにとシャンパンをプレゼントしてくれました。

    正直、サプライズでした。

    遅くなるもなにも・・・
    記念日当日のレッスンで、何気ない挨拶程度の話題となっただけ・・・ (^_^;)

    それは、本当に何てことないやり取りだったのに
    それを意識してくれていて、わざわざ


    本当に大切なものは見えないものです。

    だけどそれが垣間見えたときは、心に響き、感動するものですね。
    大事なことは、気持ちが伝わること、そして伝えることなんだな・・・とあらためて思いました。

    さて・・・

    マゼランズ入口 TDS2015

    彼の故郷は、フィリピン・セブにあるマクタン島

    ここにはマゼランの墓があるそうです。


    マゼランズラウンジ 2015 6


    史実) マクタン島の戦い

    マゼランはフィリピンにたどりつくと、鎧と槍、火縄銃、大砲などの武器の威力を背景に部族長たちに対してスペイン王への朝貢とキリスト教に改宗したセブ王への服従ならびにキリスト教への改宗を要求。部族長を次々と服従させていったが、マゼランの要求を初めて拒否したのがラプ=ラプであった。


    マゼランは激怒し、ラプ=ラプを討つべく兵をひきいてマクタン島へやってきた。1521年4月27日のことである。島の地理と潮汐を知り尽くしたラプ=ラプは、綿密な情報収集と周到な計画の上でこのマクタン島の遠浅の海岸を決戦地に選んでいた。干潮のため、船で岸に近づけなかったマゼランとその部隊は艦砲射撃をあきらめ、上陸。抵抗勢力を結集して待ち構えていたラプ=ラプの軍勢と戦闘状態に入った。ラプ=ラプたちは甲冑で身を固めたスペイン兵の足だけが無防備なことを見抜くなど、巧みな戦術によってマゼラン軍を破り、ついにマゼラン本人を殺害した。リーダーを失ったマゼランの配下たちは退却していった。

    マゼランズラウンジ 2015 4

    それは夢か・・・
    それとも単なる野心だったのか・・・

    世界一周が潰えた終焉の地

    いつの日か友人を訪ねた際に、行ってみたいものです。





    Menu画面へ

    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。