cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    最高のFireworks (Believe There's magic in the stars From DL)

    Posted by K.Mickey on   6 comments   0 trackback

    衝撃。
    その言葉がピッタリでした。

    K.Mickeyにとってディズニー史上最高のショーは『Fantasmic!』(※1) ですが、Fireworksということでは間違いなくこの『Believe』になります。

    この花火(というか花火ショー)は、DLの45周年の際に行われたものです。
    写真のCDのラストに楽曲が収録されています。

    Disneyland Music Alubum

    僕も基本的に花火は好きですが、その感動が続かない方です。

    最初はじっくり見ようとしても、その内、間延びして飽きてしまうのですよぉ~~~~。

    これはTDRにおいても例外ではなく、アトラクションで並んでいる時や歩いている時に始まっても、続けてじっくり見るというところまで引き付けられません。

    ところがこの『Believe』、この時はメインストリートUSAを1人で歩いている時に始まったのですが、最初見始めて、最後まで釘付けでした。

    何が良かったのか?

    全てです。

    このFireworksは、題名通り『信じること』を基本ストーリーとして、眠れる森の美女の城の上空で壮大に展開されました。

    辺りの照明が落とされ、静寂の中、"Believe"という女性のささやく様な声が聞こえた後、"I wish I never had to leave this magical place" から暫く続く、少年が星に願う語りと共に静かな前奏へ。

    この時、城の上空をティンカーベルらしき光の玉がゆらゆらと浮遊し、そして女性の歌声が聴こえ出すのとほぼ同時に、そっと花火が打ち上がり始めます。

    その後は、アレンジしたディズニーの名曲をふんだんに盛込んだ素晴らしいオリジナル楽曲(歌)が流れる中、曲に合わせる形で種々の花火が様々な角度から打ち上げられ、また城や夜空を照らすライティングもストーリー展開に合わせて変化・・・。

    音と光による迫力ある演出と時折交える静寂は、まさに叙情的と言えるものでした。 

    加えて要所でのサプライズ(途中、城上空をフライングティンクが横断し、圧巻は、ストーリー展開が最高潮に達したタイミングで楽曲にピタリと合わせて夜空に巨大なミッキー花火)。

    ~ 写真はミッキー花火です。

    中央に小さくぼんやり青く在るのが眠れる森の美女の城です。
    ハイビジョンではない動画よりキャプチャーした画像なので見づらくてスミマセン。~  

    Believe (DL45th Fireworks)

    そして、最後は、"Remember, just believe!"という 声と共に盛大なフィナーレを迎えます。


    終了後の余韻が漂う中で、静かにメインストリートUSAのネオンサインに照明が灯って行き、そして周囲にはゲスト(アメリカ人)の歓声。

    感動のあまり涙する人もいたようです。

    そう、このFireworksが作り上げた『その場の空気』が、また最高でした。

    僕にとって終わった時の感激は、それまでの花火ショーでは味わったことの無いものでした。

    このFireworksは、基本、音楽と花火だけです。
    ティンク以外のキャラクターは一切登場しません。

    でもそこには、間違いなくディズニーの魔法は存在していた・・・

    そう断言できます。

    撮影した映像を見れば勿論のこと、先程のCD(※2)に収録されている楽曲を聴くだけで、今でもその時の光景と感動がよみがえります。

    その後、現在まで行われている50周年イベント『リメンバー(Remember Dreams Come True)』を見ていないのですが、恐らくこれと同じか、それ以上のFireworksであったのでしょう。

    大感動の『Fantasmic!』もまた同じくDisneyland発のショーですが、やはり聖地は、その雰囲気も含めて大好きなK.Mickeyなのであります。

    ※1
    今のところはDL版の、ということになります。
    勿論、基本構成が殆ど同じWDW版も良かったですし、細かいところではどちらも一長一短のところがありますが、最初に見た感動+アメリカ川というロケーション+巨大船2隻をフル活用したスケールの大きさにおいて私の中ではDL版にアドバンテージがあります。(あくまで個人的感想です。)

    TDSのものは未だ見ていないので、近いうちに見る予定です。進化した『Fantasmic!』、とても楽しみで、この話題は後日必ず取り上げたいと思っています。

    ※2
    写真のCDは、Disneyland Park in California The Official Albumで、『Fantasmic!(クライマックスシーンのみ)』と『Believe』の両方が収録されております。
    このCDについてはお気に入りで「まだまだ紹介したい」と、一緒に写っているスタッフのSammyも申しておりますので、また後ほど。



    Menu画面へ

    スポンサーサイト
    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。