cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    宇宙へ ( Star Tours attraction Poster From Disneyland )

    Posted by K.Mickey on   2 comments   0 trackback

    本日、ルーカスフィルムをウォルト・ディズニー社が買収したこと、そしてそのことによって、スターウォーズの新作(エピソード7)が2015年に公開されることが決まったとのビッグニュースが舞い込んできたことを記念して・・・

    というわけでは無いですが、タイミング良く、

    Startours poster 1

    本家ディズニーランドの「スターツアーズ」のアトラクションポスター(未額装)の紹介です。

    このアトラクション、現在はTDLでもクローズとなり、来年のパーク30周年記念のメインとしてリニューアルされる準備が行われているところですね。

    忘れもしない・・・。
    僕がこのアトラクションに初めて乗ったのは、このポスターの通りアナハイム

    当時、日本ではキャプテンEOが大人気で、とても体験できる状況ではなかった頃、本家ではそのブームが既に落ち着き、最新アトラクションとしてスターツアーズがオープンしたばかりでした。

    Star Tours poster 2

    正直、衝撃でした。

    今でこそ、この手の映像連動型のアトラクションはディズニーパーク以外の遊園地でも体験でき、既に3Dや4Dにまで進化している状況ですが、当時の日本には全く無かったのでこれが初めの体感・・・、
    その上にテーマがスターウォーズときては・・・・

    何せ長いキューラインには、ユニークなドロイドやあのC-3POやR2-D2がリアルにいる訳ですからね。

    Star Tours poster 3

    大きなモニターに浮かび上がる旅行会社「スターツアーズ」のCM、そこに流れるエンドアやタトゥーイン、ホスなどの映像を見るだけでワクワクしました。

    月日は流れ、TDLでもクローズする前は閑散とした状況でしたが、リニューアル後の「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」では、また凄まじい人気になることは間違いないでしょうね。

    Star Tours poster 4

    さて話をポスターに戻して、ゲストが搭乗するスタースピーダー3000、そしてC-3PO、R2-D2、デススターなどスターウォーズの世界観を見事に描ききったデザイン
    パークのアトラクションポスターに共通する、ゲストをワクワクさせる演出を見事に描写しています。

    さらに本家ならでは、K.Mickeyの大好きな眠れる森の美女の城とマッターホーンやスペースマウンテン
    そしてDiseylandのロゴが・・・。

    Star Tours poster 5

    このポスターを眺めると、当時、大感動した記憶を呼び覚ましてくれます。


    他のポスター(以前紹介したTOTFantasmic!など)同様に、額装できていない(飾れていない)ことが、僕自身の反省材料ではあるものの・・・

    冒険への憧れを忘れることの無い少年の心が、このポスターの中には生き続けています。

    Star Tours Poster 5


    P.S. 
    僕が宇宙旅行に出かけたのは、このときが初めてです。
    その後、WDWのエプコットで体験したミッション・スペースというアトラクションが強烈(体力の無い人は正直きついかも・・・)だったので、スターツアーズの提供する宇宙旅行が如何に快適なものであるか、身をもってよくわかったK.Mickeyです。

    ともあれ今回の記事は、スターツアーズの第1弾としておきましょう。
    第2弾以降は、またの機会に・・・ 



    Menu画面へ

    スポンサーサイト
    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。