cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    禁断の世界へ!?(Be Our Guest Restaurant)

    Posted by K.Mickey on   2 comments   0 trackback

    タイトルが少し・・・ですが、記事は別にいやらしいイメージではありません 笑

    東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの再開発計画が発表され、特にシーにおける新しいテーマエリア「アナと雪の女王の世界(北欧エリア)」が話題になっていますが・・・

    しかし今日は、東京ディズニーランドにできるのでは?
    ・・・と噂されている「Be Our Guest Restaurant(ビー・アワー・ゲスト・レストラン)」についてのある話題

    o0430032312397374425.jpg

    マジックキングダム ニュー・ファンタジーランド 2

    それは、・・・お酒の解禁

    ご存じのとおり、ディズニーシーと違って、(会員制の一部の施設を除き)ディズニーランドではお酒を飲むことはできません。

    それは、シーがそもそも大人の楽しむ世界観であるのに対し、ランドは全ての人が童心に戻り楽しめる「夢と魔法の王国」だから・・・

    それがディズニーランドを作る際の、ウォルトの基本理念でもありました。

    でも、ここは・・・

    bcc921123-613x406.jpg

    be-our-guest-restaurant.jpg

    be-our-guest-restaurant-entrance.jpg

    Be Our Guest Reataurant

    be-our-guest-restaurant-001-640x439.jpg

    フロリダのマジックキングダム・パークにあるこのレストラン
    ディズニーランド・パリを除き、お酒の飲めないディズニーランドで、唯一、ワインとビールを提供しているお店です。

    Be Our Guest Restaurant

    Be Our Guest Restaurant

    Be Our Guest Restaurant Menu 2

    Be-Our-Guest-Restaurant-Wine-Menu.jpg

    マジックキングダム ニュー・ファンタジーランド 11

    マジックキングダム ニュー・ファンタジーランド 10


    野獣(王子)の棲む城内にあるこのレストランは、映画「美女と野獣」の世界観を再現して、「野獣の部屋」「絵画の部屋(図書室)」そして、「ダンスホール」と三つの部屋に別れており、あまりにエレガンス

    東京ディズニーランド ファンタジーランド拡張

    上図の東京ディズニーランド・リニューアル後のコンセプト画にある美女と野獣のお城が、マジックキングダム・パークのそれと酷似しているが故に・・・噂は絶えません。


    果たして、Be Our Guest Restaurantができるのか?
    そして、アルコールの提供が解禁されるのか・・・?

    fer107365-348x465.jpg


    でももし、こんな素敵なレストランで提供されたならば・・・

    マジックキングダム ニュー・ファンタジーランド 12

    fer016853.jpg

    fer084366.jpg

    fer025168-348x465.jpg

    例えお酒に酔いしれたとしても・・・

    王子が野獣に戻る、そのようなことなどはないのでしょう。

    dashjk654321-613x409.jpg

    そこは童心から再び素敵な大人に戻れる

    ・・・そんな魔法が溢れる場所だから

    マジックキングダム ニュー・ファンタジーランド 13

    マジックキングダム ニュー・ファンタジーランド 14

    bog189067b.jpg


    ※ 写真はDPB(WDW)、コンセプト画はOLC記事等からの引用です。

    関連記事:
    東京ディズニーリゾートの再開発構想
    New Fantasyland (WDW)

    Menu画面へ

    スポンサーサイト
    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。