cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    本物である価値 (Steam Tractor in TDL)

    Posted by K.Mickey on   4 comments   0 trackback

    TDLにあるビッグサンダー・マウンテン

    その入口付近にあるスチームトラクターが装飾用に製作されたものではなく、1898年製の世界に数台しか存在していない貴重な本物である・・・ということはディズニーファンの方ならご存知の方が多いと思います。

    Big+Thunder+Mountain+1_convert_20130408222242.jpg

    そして手に入れた際の笑える逸話は、出涸らし感がありますが・・・、簡単に要約すると、

    ・アナハイムにビッグサンダー・マウンテンを作る際、所有者と譲渡交渉したときは折り合いがつかず。
    ・TDLに作る際に再交渉したところ、この時は若い奥さんがいて、その奥さんの「トラクターより、売ったお金で旅行に行きたい」という言葉であっさり交渉成立。

    ・・でしたかね(汗)

    Big+Thunder+Mountain+3_convert_20130408222010.jpg

    どこまでも本物(ディテール)にこだわる・・・・さすがディズニーですね! 

    ・・・と、こう簡単に結ぶとトリビア情報や他のブログで評しているのとただ同じ。

    そこで敢えて、

    このトラクターは本物である必要があったのか・・・と考えてみることにします。

    Big Thunder Mountain 4

    モノの価値は、それぞれの人がどう感じるかによって決まるもの。
    人の価値判断なんて、曖昧なものです。

    実際、気にならない人には、本物であっても偽物であってもどちらでも良いのでしょう。

    だけど、こだわる人にとっては、そこに圧倒的な違いが生じるし・・・、
    こだわらない人でも、それに気づくことによって関心がわく場合もあるでしょう。

    結果、ゲストの感性(想像力)は刺激され、その場の(ウエスタンな)雰囲気は、一層臨場感を増すことになる。
    このアトラクションやディズニーそのものへの関心も高くなるに違いありません。

    それが、本物だからこそ放たれる"価値の深さ"なのでしょうね。

    KUCKEY NUGGET CAFE

    ドイツの建築家ミース・ファンデル・ローエが好んで使っていた「神は細部に宿る」という言葉があります。

    『素晴らしい芸術作品や良い仕事は細かいところをきちんと仕上げており、こだわったディテールこそが作品の本質を決定する。何ごとも細部まで心を込めて行わなければならない』という意味だそうです。

    このエリアだけでも、例えば他に、

    ・ウエスタンリバー鉄道に乗って、太古のトンネルに入る手前、進行方向左側に「ジュラシックツリー」と呼ばれる世界最古の種子植物が植えられています。世界共通の名称は「ウォレマイ・パイン」。2億年前の恐竜の時代に生存していたといわれ、現在わずかに群生があるのみで成木は100本程度、絶滅の危機にある最も稀少な樹木とのこと。

    WESTERN RIVER RAILROD

    ・ビーバーブラザーズのカヌーやマークトゥウェイン号があるアメリカ河には、何と1Lだけ本物のミシシッピ川の水が入っています。Waltがこよなく愛した「トム・ソーヤの冒険」で登場するミシシッピ川がモデルになっており、その想いを込めるため・・だとか。

    Mark Twain RiverBoat

    このようにゲストの殆どが絶対に気づかない、あるいは必要ともしないであろう細部にまでも徹底的なこだわりを貫く。

    「神は細部に宿る」

    その徹底した“細部にこだわる”ことの積み重ねで、結果として他の追随を許さない圧倒的な顧客満足に結びついている・・・、
    それこそが、どこまでも本物にこだわる(これは装飾品も細部までこだわって作る姿勢も同じ)理由なのでしょうね。


    その上でもう一つ・・・、

    ディズニー戦略の凄いと思えるところは、

    Big Thunder Mountain 2

    こんな貴重なものを派手に公表することもなく無造作にディスプレイしつつ、その事実をひっそりとどこかで公表し、人々に話題作りさせることで、さらに大きな演出を狙っていること。
    (他にもまだあるのではと期待させる。・・・そして実際に、たくさんあるわけだが。)

    たくさんの" サプライズ "を仕掛けるからこそ、人々をいつまでも惹きつける魅力を維持できるのでしょうね。

    引き出しの多さと、その奥深さ・・・、誰でも真似できるものではありません。

      
                                     From 引き出しは少なくて浅いK.Mickey
                                          (現在肉体改造中)


    Menu画面へ

    スポンサーサイト

    Comment

    hikaru says... "No title"
    こんにちは☆

    本物のトラクラーだったんですね!
    知りませんでした。
    さすがディズニーですね。
    細部へのこだわりがすごくて、
    改めてディズニーのすごさを実感します☆

    まだまだ、このようなこだわりが
    隠されているのかな?
    1つ1つ見つけていけたら楽しいですね♪
    2013.04.10 14:19 | URL | #yd3ovDBc [edit]
    K.Mickey says... "Re: No title"
    > hikaruさん

    こんばんは☆
    いつもコメントありがとうございます!e-348e-420

    そう、「本物e-420」なんですよ。
    ディズニーはどこまでもディテールにこだわる・・・
    だから、ゲストは醒めることなく、楽しめるのですよね。

    「本物e-420」だからこそ、人は魅了される・・・

    僕は心を奪われっぱなしです。e-415e-420
    だから近いうちに、またカメラを持って本物探しに出かけるつもりです。(笑)e-80e-420
    2013.04.10 19:51 | URL | #- [edit]
    むぅたん says... "こんにちは"
    同じウェスタンランドにある「マークトゥエイン浦安」という蒸気船、2階にある、あまり景色は眺められない革製のソファに座ってのんびりするのが好きな私です。本格的な船の醍醐味と言ってもいいかもしれません。

    こちらの記事を読ませていただいて、あらためてビッグサンダーのスチームトラクターを見てきました。やはり味わいがありますね♪今にも動き出しそうな感じがまた・・・。
    2013.04.12 11:06 | URL | #- [edit]
    K.Mickey says... "Re: こんにちは"
    > むぅたんさん

    こんばんは!
    コメントありがとうございます。e-287
    お元気でしたか? e-80

    「マークトゥエイン浦安」、そう言えばそんな名前も・・・
    浦安港も・・でしたか・・・

    何となく和風になってしまいますね~(笑)e-68e-420

    ところで、スチームトラクターe-420、良いでしょう~
    実際、本物だと・・・、世界に数台しかない貴重なもの・・・
    と聞かなければ、ディズニーの装飾としてはよくありそうなものなので、
    それほど気にもとめないのでしょうが・・・、
    色々なところでしっかりと仕掛けているのですよね。

    まあ、鈍感な僕の場合は、言われなければ「トラクターである」、ということも
    気づかなかったですね。e-351e-330
    2013.04.12 20:40 | URL | #- [edit]

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback

    trackbackURL:http://cafewalt.blog.fc2.com/tb.php/160-56e06120
    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。