cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    進化の必要性 (Confectionary Package)

    Posted by K.Mickey on   2 comments   0 trackback

    日本とアメリカの文化(国民性)では、商品開発にも求めるものが違う・・・

    パークにおける非常にわかりやすい例がconfectionary、即ち、土産用お菓子類のパッケージとそのバリエーションと言えます。

    日本で言えば、土産物の定番はお菓子類

    TDRでは、わざわざそのためだけのショップがいくつもできるほどの状況ですが、アメリカでは日本ほど需要も少なく、商品開発に力が入っているわけではないように感じます。

    例えばこのパッケージ・・・

    WDW Confectionary 1

    WDWに行った際に購入したものですが、

    DisneylandとWalt Disney World兼用というところにも、効率性を優先したこだわりのなさが垣間見えます。

    WDW Confectionary 3

    また、探しても缶モノは殆どと言っていいくらい見つからず、写真のような紙モノが中心です。

    デザインもどことなく味気ないような。。。

    WDW Confectionary 2

    何ともアメリカ っぽい・・・、

    パークの造形は、あれほど細部にまでこだわって作り込まれる程の徹底ぶり、
    またアートグッズには自らのカルチャーへの誇りさえ感じる・・・

    でも、それほどのこだわりが、菓子類の商品開発には見られない。。。

    それは、『 必要ないから・・・

    ・・・ですね。

    WDW Confectionary 4

    むしろ世界でも稀?な独特の土産モノ文化に育まれ、華やかさや可愛らしさにとことんこだわる日本らしさ、

    その進化の形の差がここに現れている・・、といった方が良いのかもしれませんね。


    P.S. 

    同じディズニーパークの商品でも、それぞれのエリアにおける進化の形の違いがあって面白いです。

    所謂、自然界の適応能力の話(ダーウィンの進化論)にも、あるいは人間関係や恋愛事情のような話にも通じるものがありますね。
    (諸説によると、進化は変化で、進歩とは違うようではありますが、小難しい話は横に置いておきます・・・)


    好み の形はそれぞれです。
    だからこそ、自分がそれを受け入れられるかどうか、あるいは相手に受け入れてもらえるように努力(適応)出来るかどうかもそれぞれ。

    人やモノの " 進化 " とはそういうものでしょう。

    良い悪いとは関係なく、相手の好みに合わせていけないならば・・・、

    相手から自分の存在は消えてゆくのみです。
    それも自然の摂理なのですよね。

    WDW Confectionary 5

    そう言えば、性格的に進化のない僕の場合は、好みが煩いから、
    目の前で展開されるちょっとした人の言動、言葉のやり取りだけで直ぐ冷める・・・
    (勿論、人並程度の努力と忍耐力はあるつもりなんですけどね~)

    だから相手を消すのも、相手に消されるのも間違いなく早いわな。

    ・・・まあ誰のせいでもなく、自分の(理想を追いかける)性格ゆえ。
    でも僕の生き方としては、そこに後悔はない。



    関連記事:
    TDL缶(歴史を語るもの)
    TDR30thヒストリーデザイン缶



    Menu画面

    スポンサーサイト

    Comment

    hikaru says... "No title"
    こんばんは☆

    わぁ~~~♪
    オシャレですね!
    日本のTDRのお菓子は、
    とてもこだわりを感じますが、
    私はシンプルなものが好きなので、
    こういうのすごくいいなって思います(^^)

    先日、Seaでホットドッグを食べたのですが、
    普段あまり食べる機会がなかったので
    知らなかったのですが、ホットドッグの包み紙が
    Seaのニューヨークエリアの英字新聞になっていて、
    すごく感動してしまいました(≧▽≦)

    持ち帰りたいくらいだったのですが、
    豪快にケチャップとマスタードをかけてしまっていたため、
    持ち帰れず、とても残念でした。

    あ、すみません。
    ホットドッグの話を熱く語りたかったわけではありません(笑)
    ただ、そういうシンプルなものが好きなんです♪

    2013.08.22 22:45 | URL | #yd3ovDBc [edit]
    K.Mickey says... "Re: No title"
    > hikaruさん

    (^_^)/おはよー☆e-420
    と、いつもと違うパターンで。
    早々のコメントありがとうございます。e-80

    「オシャレe-420
    そう言う見方もできるのか・・・なるほど~フムフム。
    でも確かに大人のパッケージって感じはしますね。e-287

    TDRのものは、どちらかと言えば女性好み、
    鮮やかでキラキラe-420したものが多いように感じますが、
    確かに地味でシンプルなものにも魅力はありますね。

    > ホットドッグの包み紙がSeaのニューヨークエリアの英字新聞

    そう、そこなんですよね。
    ディズニーのディテールの拘り、その凄さは。
    気付かない人は何も思わずゴミ箱へ。
    でも、思いがけずにふとそれに気付くと、深い感動が・・・
    人の魅力に気付く瞬間e-420と同じですね。

    > ホットドッグの話を熱く語りたかったわけではありません(笑)

    勿論。
    ちゃんと伝わっていますよ(笑)e-80e-420
    2013.08.23 06:59 | URL | #- [edit]

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback

    trackbackURL:http://cafewalt.blog.fc2.com/tb.php/186-abaac6f1
    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。