cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Tokyo Disneyland Hotel's Mickey (Plate & Bronze & Ron Lee)

    Posted by K.Mickey on   4 comments   0 trackback

    東京ディズニーランドホテル

    Tokyo Disneyland Hotel 1

    宮殿風のこのホテルは、ホテルミラコスタやアンバサダーホテルに比べ、ゴージャス感が際立っています。

    グランドオープンから早くも5年が経過したのですね。。。

    Tokyo Disneyland Hotel Plate 1

    正面玄関から入ったロビー入口には、ミッキーとミニーのブロンズ像がありますが、今日の話題はこのミッキーについてです。

    Tokyo Disneyland Hotel Mickey Bronze

    Tokyo Disneyland Hotel Minnie Bronze

    このミッキー、衣装に若干のバリエーションがあるものの、ホテル内の各所やルームキーのデザインとしても描かれ、シンボル的な扱いになっています。

    ところで下のオープニング記念プレートに描かれているこのコスチュームですが・・・、

    ディズニーランドホテルのオリジナルではなく、短編映画でのものということはあまり知られていないように思います。

    Tokyo Disneyland Hotel Plate 2

    ・・・というよりも、興味を持って調べる僕のような人がマイノリティなだけでしょうね。

    Tokyo Disneyland Hotel Plate 3


    映画のタイトルは『 The Nifty Nineties(ミッキーの青春手帳)


    Ron Lee The Nifty Nineties
    (写真は、ディズニーランドホテルとは無縁のRon Lee製フィギュアですが、この通り。。。)

    オシャレをしたミッキーとミニーが、出会って直ぐに恋 に落ち、デートに出かけるという7分30秒程の短編ストーリーなのですが・・・

    ではなぜ!? このミッキーとミニーがホテルのモチーフになっているのか??
    今回は、そこを考察してみます。

    理由はこの映画のタイトルにありそうです。

    「The Nifty Nineties」とは、直訳すれば「しゃれた(素晴らしい)90年代」、

    即ち、映画自体が1941年公開のものですから、1890~1900年の時代を示していることになります。


    ここで、ホテルのこのゴージャスな建築様式に着目します・・・

    東京ディズニーランドホテルは、近接する東京ディズニーランド・ステーションと同じ19世紀から20世紀にかけて流行したイギリス・ヴィクトリア朝様式の建物で統一されています。

    TDL Station 1

    そしてそれは、ウォルト・ディズニーがヴィクトリア時代の末に生まれ、その時代の価値や理想を大切にしていたことから、ヴィクトリア朝様式が採用されている流れをくんでいるとのこと。

    Tokyo Disneyland Hotel 2

    このことから考えると、Nifty Ninetiesの世界観は、正にホテルデザインの時代背景、そのコンセプトにピッタリとハマっている!・・・だからこのコスチュームのミッキーが採用されている・・・と言えるわけですね。

    Ron Lee The Nifty Nineties 2


    「ミッキーの青春手帳」という日本語タイトルだけに注目してしまうと、関連性は見つけ難いところです。


    P.S. 

    ディズニー直営ホテルは三者三様。。。

    ホテル・ミラコスタはイタリアの「フィレンツェ」「トスカーナ」「ポルトフィーノ」「ヴェネツィア」の建築様式の融合、アンバサダーホテルは「アールデコ様式」、そしてディズニーランドホテルは「ヴィクトリア様式」と、バリエーションがあり、建築デザインだけを見ても楽しめますよね。

    何れも際立つ個性があって素敵です。

    これらのホテル、僕は宿泊しなくても、その雰囲気を味わう為だけに訪れ、しばらくは時が経つのを忘れて心酔しています。

    Tokyo Disneyland Hotel 3

    ディズニーホテルに限らず・・・ですが、

    素敵なホテルで過ごす極上な時間ほど、自分の心が開放的になれる瞬間(とき)はない・・・

    Tokyo Disneyland Hotel 4

    環境や雰囲気って、本当に重要ですよね。

    人の内なる心や秘めた魅力を引き出し、そして人生を変えるだけの力があると感じます。

    Tokyo Disneyland Hotel Card key

    関連記事:花束を君に (Ron Lee :Mickey with Flowers)


    Menu画面へ

    スポンサーサイト

    Comment

    hikaru says... "No title"
    こんにちは☆

    ディズニーランドホテルが出来て、
    もう5年になるんですね。
    早いですね!
    出来て間もなく1度だけ宿泊したことがありますが、
    なんだか懐かしいです(^^)

    ミラコスタともアンバサダーとも違った雰囲気で、
    夢いっぱいの一番ディズニーらしいホテルですよね♪
    外観の雰囲気といい、大好きです☆

    宿泊できればもちろん嬉しいですが、
    眺めているだけでも心が踊ります♪
    ディズニーマジックですね!

    2013.09.20 13:18 | URL | #yd3ovDBc [edit]
    K.Mickey says... "Re: No title"
    > hikaruさん

    おはようございます☆e-420
    コメントありがとうございます。

    そう、もう5年になるんですよね。

    hikaruさんも宿泊されたことがあるとのこと。
    ディズニーホテルは、何れもそうですが、
    芸術性にまで手抜きのない建築設計は勿論のこと、
    加えて様々なところに隠れた遊び心が満載なので、
    宿泊した際は、眠るのが惜しくなるほどに心躍ります。e-80e-420

    そして東京ディズニーランドホテルは、確かに、
    一番ディズニーらしいホテルと言えますよね。

    僕はアンバやミラコを含め、ロビーまで行ってはいつも
    心ときめく・・・
    ・・・ディズニーマジックe-420にかかりっ放しです。
    2013.09.21 09:10 | URL | #- [edit]
    ナベ僧 says... "なんとも言えません"
    この記事拝見していて
    ディズニーホテルに泊まりたくなってしましました。
    このようなお話を調べ上げるだけでも大変だとは思いますが、
    K.Mickeyさんの優しい、語り掛けるような文が
    ホテルの雰囲気にカシッとマッチしてますね。

    この記事を読んだ後に今一度ホテルに行くと
    また違ったホテルの良さがみえてくるかも?(^^)
    2013.09.25 07:58 | URL | #QzfqCtzQ [edit]
    K.Mickey says... "Re: なんとも言えません"
    > ナベ僧さん!

    そんな照れるようなコメントをいただくと、
    調子に乗るじゃないですか~~~っe-449

    どうもありがとうございます。

    ディズニーホテルは何れも素晴らしいですが、
    どのホテルも調べると必ず拘わりが隠れている、
    それは間違いないですよね。e-287

    調べることで新しい発見がたくさんある・・・
    だから決して飽きることはない・・・

    パークと同じで、ディズニーマジックが溢れていますよね。e-80e-420
    2013.09.27 20:29 | URL | #- [edit]

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback

    trackbackURL:http://cafewalt.blog.fc2.com/tb.php/197-b43b607f
    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。