cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    旅の果てに・・・ (TDL Christmas2013-2)

    Posted by K.Mickey on   2 comments   0 trackback

    クリスマスムード・・・??が、それほどは感じられないクリッター・カントリーを散策します。

    TDL Christmas2013 Critter country 1

    小動物たちの国

    TDL Christmas2013 Critter country 2

    眩しい太陽、川のせせらぎ、木々の緑が香り、ここはパークの中において一際自然を感じることができます。

    この日はとても爽やかでした。

    TDL Christmas2013 Critter country 3

    そして時折聴こえてくる水しぶき(スプラッシュ)の音・・・

    TDL Christmas2013 Critter country 4

    TDL Christmas2013 Critter country 5

    ****************************************

    様々な悩みを抱えているブレア・ラビットは「笑いの国」という場所があることを聞き、早速荷物をまとめ「笑いの国」を目指して旅に出かけました。

    しかし、そのブレア・ラビットを狙う2匹の動物が現れました。
    ウサギが大好物なブレア・ベアとブレア・フォックスです。

    様々な罠を仕掛けることによってついにブレア・ラビットを捕まえることに成功。
    食べるつもりでしたが、意地悪な2匹はブレア・ラビットが「絶対に投げ込まないでくれ」と言っているいばらの茂みに投げ込んでしまいます。
    ですがブレア・ラビットが飛び込んだいばらの茂みの中は自分が住んでいる国。
    2匹をうまく騙して無事家に帰る事ができたのです。

    さらにブレア・ラビットが探していた「笑いの国」は自分の住んでいた国だったのでした。
    自分の住んでいる場所が「笑いの国」だったと分かったブレア・ラビットは自分の家で幸せに暮らしました。

    ~Wikiより

    ****************************************

    TDL Christmas2013 Critter country 6

    ご存知、ディズニー映画「南部の唄」がモデルとなっているアトラクション『スプラッシュ・マウンテン』のストーリー

    TDL Christmas2013 Critter country 7

    人生は長い旅のようなもの・・・

    以前書いたような、バックパッカーとして世界を旅しながら探し物を追い求める人もいれば、
    何気ない日常生活の中で、日々葛藤しながら理想を追い求める人もいる。

    TDL Christmas2013 Critter country 12

    旅路の果てに、幸せを見つけることができるのでしょうかね?

    TDL Christmas2013 Critter country 13

    ・・・なんて、愚問だな。

    TDL Christmas2013 Critter country 14

    なぜなら幸せを探し求める人は、それを求めている限り、決して「行き着くことなどない」と思うからです。
    旅路の果てに得られるのは一つの達成感、でも単なる通過点に過ぎません。(以前の記事に書いたとおりです。)

    それは「永遠に完成しないディズニーランド 」と同じ・・・、決して満足することはない「人の心」の有様。

    そういうものなのだと僕は思います。

    TDL Christmas2013 Critter country 16

    身近にある幸せ(=今が幸せであること)は見え難いもの、
    そして幸せとは振り返ってみて初めて気付くもの、

    南部の唄で語られるブレア・ラビットの物語は、そんなメッセージを伝えているのでしょうね。

    TDL Christmas2013 Critter country 15



    P.S. 因みに・・・

    話は変わるけど、そう言えばビーバーブラザーズのカヌー探検までは来ても、それ以上の奥地には普段来ないなぁ・・・

    TDL Christmas2013 Critter country 8

    まだ、人もまばらなアライグマ・ラケッティのお店「ラケッティのラクーンサルーン」
    あくせくすること無く楽しく商売できているって感じですね。

    TDL Christmas2013 Critter country 9

    TDL Christmas2013 Critter country 10

    " その昔、お酒を密造していたアライグマのラケッティ。
    彼の蒸留器が大爆発してダムが決壊し、水浸しになったことから、クリッターカントリーにそびえる山を“水しぶきの山(スプラッシュ・マウンテン)”と呼ぶようになりました。
    ここは、ラケッティがお酒の密造から足を洗って始めた、ソフトドリンクと軽食のお店なのです。 "

    と、言うことで・・・

    TDL Christmas2013 Critter country 11

    そうか~
    実はこいつ、こんな顔して悪い奴なんだ(笑)

    そんなバックグラウンドストーリーを楽しむのも、ディズニー・テーマパークの大きな楽しみ方ですよね。



    Menu画面へ

    スポンサーサイト

    Comment

    hikaru says... ""
    こんにちは☆

    クリッターカントリーは、
    相変わらず可愛らしいですね(^^)

    行こう行こうと思いながらも、なかなか行けず、
    ランドにはもう6年くらい行ってないかも?
    なので、クリッターカントリーがすごく懐かしいです♪

    K.Mickeyさんのようにバックグラウンドストーリーを楽しむのも
    ディズニーの楽しみかたの1つですね!
    ディズニーは奥が深いですからね☆
    2013.11.27 12:47 | URL | #yd3ovDBc [edit]
    K.Mickey says... "Re: タイトルなし"
    > hikaruさん

    こんばんは☆
    コメントありがとうございます。e-80

    ディズニーパークには、バックグラウンドストーリーe-420
    そこかしこにありますよね。
    テーマエリア、アトラクション、ショップ・・・
    さりげないデコレーションに意味があったりするわけですから、
    正直、楽しすぎます。

    そして・・実はまだまだ知らないことのほうが多い。

    クリッターカントリーも足元をふと見ると、
    たくさんの小動物の足跡があったり、
    その行き着く先に小さな家があったりで、
    想像力e-420が溢れています。

    hikaruさんもお時間が取れるようでしたら、
    久しぶりにランドe-420へお出かけしてみて下さいね(笑)
    2013.11.27 21:04 | URL | #- [edit]

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback

    trackbackURL:http://cafewalt.blog.fc2.com/tb.php/217-c3a8a438
    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。