cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    地底世界の水晶(TDS Christmas 2013-3)

    Posted by K.Mickey on   0 comments   0 trackback

    ミステリアス・アイランドのクリスマスツリーは、グーフィとプルートのツリー

    例年通り、内部は怪しく光を放つ地底世界の水晶柱のオブジェで作られています。

    Mysterious Island Christmas 2013-1

    センター・オブ・ジ・アースに搭乗された方はお分かりだと思いますが、ネモ船長の地底探検の道程にはこれら光を放つ水晶柱がいくつも確認されますよね。


    そこで今更ながら・・・

    【センター・オブ・ジ・アースの概要】

    SFの父と称されるフランスの小説家、ジュール・ベルヌの代表作『地底旅行』(仏:Voyage au centre de la Terre)を原作とする。

    Misterious Island night walk2

    ゲストは、ネモ船長の研究室がある「マグマ・サンクタム(溶岩の洞窟または溶岩の聖域)」を通る。
    そして「テラヴェーター」と呼ばれる地下約800mまで下降するエレベーターに乗り込み、「ベース・ステーション」と呼ばれる乗り場へと移動する。

    ベース・ステーションに到着すると、巨大な発電機などの機材が休む間もなく動いている。
    その横を通り、ゲストは地底走行車に乗り込む。

    TDS Center of the earth poster

    「プロメテウス火山の地底に広がる未知の世界へのツアー」という設定なので、序盤は「水晶の洞窟」や「発光生物のトンネル」、様々な生き物が住む「巨大キノコの森」などの地底世界をゆっくりと進んでいく。

    ところが突然火山性の地震による大きな揺れがゲストを襲い、「火山活動発生!火山活動発生!」というアナウンスとともにサイレンと何かが崩れる轟音が鳴り響き、地底探検ツアーの通路が塞がれてしまう。

    TDS Center of the earth poster 2

    そしてゲストを乗せた地底走行車は予定されていたコースを大きく外れてネモ船長もまだ到達したことのない地底奥深くへと迷い込むこととなる。

    その後、粘液に保護された巨大な未知の卵がいくつも産み付けられている不気味な洞窟を通り過ぎ、嵐で荒れる「地底の海」では落雷に遭い、制御不能になってしまった地底走行車はさらに地底奥深くへと進む。

    TDS Center of the earth poster 3

    すると突如、巨大な雄叫びとともに地底走行車を追いかけてくる轟音が鳴り響き、目の前に溶岩から上半身を現した巨大な怪物「ラーバモンスター(溶岩獣)」が出現。

    そして、新たな獲物を見つけたラーバモンスターにゲストの地底走行車が襲われそうになった直後、大規模な噴火が起こり地底走行車は溶岩の圧力に押し上げられて火道内を急上昇、噴火口から吐き出され落下する。

    溶岩の流れ道にできた裂け目に突入した地底走行車はミステリアスアイランドのカルデラのトンネル内を暴走し、最終的には地底走行車の降り場である「地熱貯蔵庫」に無事到着する。

    TDS Center of the earth poster 4

    ・・・というもの。

    Misterious Island night walk 1

    因みに、
    テラヴェーター降下速度 26.53m/s(14.5Fathoms/s)
    ベースステーション  地下805.2m(440Fathoms)
    水晶の洞窟  地下1610.4m(880Fathoms) 1870年4月7日に発見
    巨大キノコの森  地下2415.60m(1320Fathoms) 1871年5月12日発見

    結構、地底深いな・・・

    Mysterious Island Christmas 2013-2

    つまりこの水晶は、地底に広がる「水晶の洞窟」から採掘されたもの

    ロマンを感じますね。

    Mysterious Island Christmas 2013-3

    美しいものには人を惑わせる力がある。

    神秘的な妖の光・・・

    見つめているだけで、
    正直、既にほろ酔い 気分の僕の心などは、簡単に魅了されてしまいそうです。



    P.S. 余談ですが・・・

    昨夜のTVプログラム『アナザースカイ』で、女優の志田未来さんが、ディズニーランド・パリを訪問していました。

    子供の頃から女優業に携わりながらも、年に何度もTDRを訪れ・・・
    今でも月に2回以上は通う大のディズニーパーク・ファンという彼女、楽しみ方ももう大人流のようです。

    このパークには、他にはないジュール・ベルヌの世界観があることは、以前の記事「友人からの手土産」でも書いた通りです。

    首都パリを中心とした地域圏、イル・ド・フランスにおける2011年度観光客数ではルーヴル美術館やエッフェル塔などをおさえて首位になったとのこと。

    流石ですね。


    関連記事:
    Captain Nemoの秘密基地
    神秘の島



    Menu画面へ

    スポンサーサイト

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback

    trackbackURL:http://cafewalt.blog.fc2.com/tb.php/220-42c9c39e
    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。