cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    歴史を語るもの その2 (ローマ数字~著作権発行年:TDLの古い絵皿)

    Posted by K.Mickey on   2 comments   0 trackback

    以前の記事で、グッズには様々な記録が残されており、それを読み解くことである程度、(製造販売された)年代を特定できる・・・ということを書きました。

    この時のKeywordは、「ミッキーの眉毛と商標」によるアプローチでしたが、そこにもう少し情報を加えて掘り下げてみます。

    この2枚の絵皿(プレート)をご覧下さい。

    TDL OLD PLATE FANTASYLAND 1

    TDL OLD PLATE ADVENTURELAND 1

    これは東京ディズニーランドの初期に製作されたもので、1枚はファンタジーランド(It's a small world)、そしてもう一枚はアドベンチャーランドを背景に、ディズニーキャラクター達が描かれています。

    TDL OLD PLATE FANTASYLAND 2

    キャラクターたちの顔はどちらも同様に古さを感じさせる描写で、同年代に描かれていたことがわかります。
    ミッキーの顔にもしっかりと眉毛はありますし・・・

    TDL OLD PLATE ADVENTURELAND 2

    さて、ここで注目すべきは著作権表示です。
    片方のプレートにはコピーライト表示の後に「MCMLXXXV」という記載がありますが、もう一方は商標のWalt Disney Co.のみです。

    TDL OLD PLATE FANTASYLAND 3

    TDL OLD PLATE ADVENTURELAND 3

    では、この暗号のような文字の意味とは?

    記載されているのはローマ数字
    そこで、ローマ数字の規則性のおさらいです。

    I → 1
    V → 5
    X → 10
    L → 50
    C → 100
    M → 1000

    あとは基本、隣同士の数字を足して表現します。

    II → 1+1=2
    III → 1+1+1=3
    VI → 5+1=6
    CI → 100+1=101
    MV → 1000+5=1005

    しかし、ローマ数字にはこれ以外に「 減算則 」の考えがあります。
    例えば、IVが4であることはご存知かと思いますが、これは → ‐1+5=4 だから。

    ローマ数字の符号で左隣に小さな数字が来ると、その記号はマイナス扱いになるというルール
    によるもので、「4」は、「IIII」でもありますが、「IV」でもあるのです。

    前置きが長くなりました。
    ここで「MCMLXXXV」を解いてみましょう
    MCMLXXXVはそのまま書くと
    1000+100+1000+50+10+10+10+5 = 2185

    でもこれは先の規則性から「間違い」ですね。

    減算法ルールから考えて、
    1000、「100、1000」、50、10、10、10、5で、「 」内のみが左隣に小さな数字が来ていることがわかり、
    1000+(‐100+1000)+50+10+10+10+5、即ち、1985となります。


    ふぅ~、今回は算数の勉強をしているようになっちゃいました。
    長い説明ですみません。



    従って、これは1985年に著作権が発行されたという意味、
    つまり、製作は、TDLオープンの1983年の2年後・・・という事になります。

    一方、商標がWalt Disney Co.であるという事、そしてミッキーに眉毛があるということから、前回の記事より商品自体は1987年~1993年内のものとなるので、ファンタジーランドの絵皿については、この期間の中でも早期の製作と推察されます。

    さて、この発行年というのは必ず記載しなければならないというものではないらしく、ディズニーグッズでも、ある時期以降、何らかの理由で記載されなくなっています。

    その記載されなくなった時期は、TDL 7周年グッズくらいから、即ち1990年頃のようです。

    以上の情報から両者を分析すると、発行年記載のあるファンタジーランドの絵皿は1987~1989年頃、そして、アドベンチャーランドの絵皿は1990年~1993年頃のものと考えられます。


    因みに・・・・

    以前ご紹介した「TDL開演5周年記念の純金メッキプレート

    TDL 5th 24K PLATED GOLD 3

    ここにも著作権発行年が記載されており、「MCMLXXXVII」、即ち「1987」を示すローマ数字

    TDL+5th+24K+PLATED+GOLD+8_convert_20130720105036.jpg

    5周年が1988年~ですから、販売された1年前に製作されたものとなり、こちらはとてもわかりやすいと言えますよね。

    TDL 5th 24K PLATED GOLD 10

    前回の記事「歴史を語るもの」に情報を追加してまとめます。

    TDLオープンの1983年~1986年  ミッキー眉毛あり 著作権表示 Walt Disney Productions
    1987年~1993年           ミッキー眉毛あり 著作権表示 Walt Disney Company
    (1990年以降           著作権発行年の記載なし)
    1994年~1995年             ミッキー眉毛なし 著作権表示 Walt Disney Company
    1996年~                ミッキー眉毛なし 著作権表示 Disney

    まだまだ情報が不足しており、論理展開が弱いですが、今のところは、まぁこんなところですかね。



    Menu画面へ

    スポンサーサイト

    Comment

    hikaru says... ""
    こんにちは☆

    MCMLXXXVって、1985年ってことなんですね!
    すごいっ!!
    暗号を解いたみたいで、すごく楽しいですね♪
    私、そういうのすごく好きです(^^)
    2014.02.08 17:06 | URL | #yd3ovDBc [edit]
    K.Mickey says... "Re: タイトルなし"
    > hikaruさん

    こんばんは☆
    返信遅くなりました。m(__)m

    MCMLXXXVが1985年なんて驚きですよね!
    と言うか、おそらく僕以外誰も興味を持たないような話題で恐縮です(笑)

    隠れミッキーもそうですが、結構興味を持っていろいろ眺めてみると、
    意外と知らないことに遭遇し、面白く探究できることもあります。

    ホント、どうでも良いことですが、歴史探索みたいで
    自己満足に浸っています (*^◯^*)
    2014.02.11 18:32 | URL | #- [edit]

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback

    trackbackURL:http://cafewalt.blog.fc2.com/tb.php/238-5a71a2b2
    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。