cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    なりたい姿。TDRの今後・・・ 

    Posted by K.Mickey on   2 comments   0 trackback

    10年後(2023年)のありたい姿

    先日、OLCが中期ビジョンを発表しました。
    ビジョンを示すことで、その方向に向けて舵を切る・・・経営の常道ですね。

    さて、その内容ですが。。。以下、要約します。

    *****************************************

    ◎コア事業、即ちTDRの長期持続的成長に向けて、目標は?
    ⇒TDRの来園者数を年間3000万人レベルとすること。

    ◎その方法は?
    ⇒価値最大化のため、10年間で5000億円の投資により、将来のメイン顧客である低年齢層を含むファミリーをターゲットにそれ以外にも、中高年層や海外ゲストをターゲットとした環境整備を行う。

    ◎具体的な投資方向性は?
    ⇒テーマパーク価値の向上
    ◆東京ディズニーランド
     エリア一新(スクラップ&ビルド)などインパクトのある大規模開発 等
    ◆東京ディズニーシー
     拡張用エリアの活用などによる大規模開発 等
    ◆2パーク共通
     ・快適な環境づくりに向けた整備
     ・大規模な更新改良
     ・サポート機能を含めた運営基盤の更なる強化 等

    ◎2016年までの施策(中期計画)
     ・テーマパーク価値向上・・・
      新規プロダクトの順次導入、快適環境への整備。大規模投資案件等の決定と順次着手。
     ・入園者数の向上・・・
      スペシャルイベント等の展開&マーケティング活動で、低需要期の集客力を強化し、
      入園者数を平準化
     ・体験価値に応じた価格戦略・・・
      新たな価値創造や戦略的価格設定により、中長期的な単価の向上を目指す。
     ・海外ゲストの受入体制の整備・・・
      営業活動など集客強化に向けた取り組み
      &ハード・ソフト両面での受入れ体制の整備(訪日外国人旅行者の来園促進)


    なお、コア事業以外にも、「新規事業による更なる成長」をもう一つの柱とし、舞浜エリア外で将来的に収益貢献し得る事業を展開する。
    本中期経営計画期間は、レジャー・エンターテイメント・教育事業等を検討対象とし、新たな成長の柱となる事業の育成を目指す。
    手段については、ゼロからの事業立ち上げのみならず、事業提携やM&A等、その事業の成功のための最適な手段を幅広く検討する。

    *****************************************

    王者「東京ディズニーリゾート」

    しかし、取り巻く環境は、とても厳しいものです。

    このブログでも紹介していますが、USJに7月14日にオープンする「 The Wizarding World of Harry Potter 」や来年後半にグランドオープンする予定の上海ディズニーリゾートの影響

    上海ディズニー 1

    上海ディズニー 2

    上海ディズニー 3

    上海ディズニー 4

    世界でここだけの「カリブの海賊エリア」まであり、今後に開発可能な敷地はTDRよりも広大です・・・・(^_^;)

    少子高齢化と競争の激化による限られたパイ(国内顧客)の奪い合い、そして海外顧客の流動性・・・


    ジャングルクルーズのリニューアル、マーメード・ラグーン・シアターのリニューアル、スティッチの新アトラクションの導入、新しいTDLナイト・エンターテイメントなどは既に発表・準備されており、

    今後10年間、年間平均ベースで約500億円もの巨額投資(USJのハリーポッターですら450億円ですからね)により、TDLのエリア一新&TDSの拡張と言った魅力的な話題まで・・

    何もしなければ、例えディズニーと言えども飽きられ、「顧客離れ⇒売上減⇒投資削減⇒魅力低下⇒更なる顧客離れ」の負のスパイラルに陥いり、あっという間に経営が傾いてしまうでしょう。
    相当な危機感があると思われます。

    新たな価値創造による顧客層の拡大や、サービスに応じた単価設定、来園ゲスト数の通年平準化は正に経営戦略の基本と言えますが・・・

    それでも敢えて!

    拝金主義に陥らず、ディズニーならではの芸術性あふれる空間演出だけは、手を抜かず大切にして欲しい。
    ガッカリすることの無いように、ゲストに夢と感動を与えることに決して妥協しなかったWaltの精神を失わないで欲しいものです。



    P.S. 

    ビジョンを持つことは、何も会社経営に限ったことではありませんね。
    皆さんは、10年後の自分はこうありたい・・・、
    だから今年はこうしよう、3年後にはこうなっていないといけない・・・というマイルストーンを持っていますか?

    それを明確に持つことはなかなか難しいことですが、先ずは「今のままで良いのか?」と自問自答することは絶対に必要でしょう。

    自分がもっと輝きたいと思うなら・・・




    関連記事:

    次元の高い競争(ディズニー VS ユニバーサルスタジオ)



    Menu画面へ

    スポンサーサイト

    Comment

    hikaru says... ""
    こんにちは☆

    10年後のTDRもウォルトの精神を失わないでほしいですね。
    ディズニーならでは演出を大切に
    いつまでも夢の国であり続けてほしいですね(^^)
    いくつになってもロマンチストでいたい私は、
    それを願います☆

    10年後の私もきっと、
    ディズニーを愛していると思います♪
    2014.05.11 15:05 | URL | #yd3ovDBc [edit]
    K.Mickey says... "Re: タイトルなし"
    > hikaruさん

    こんばんは☆

    10年後のTDRもウォルトの精神を失わないでほしい・・・
    ディズニーならでは演出を大切に
    いつまでも夢の国であり続けてほしい・・・・

    ロマンチストの僕も同じ気持ちです。

    そして、hikaruさんがそうであるように、
    10年後の僕も間違いなく・・・・
    ディズニーを愛していますよ。
    ・・・そんな自分が好きなんです。(*゚▽゚*)
    2014.05.14 19:41 | URL | #- [edit]

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback

    trackbackURL:http://cafewalt.blog.fc2.com/tb.php/251-aca197ba
    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。