cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    館の主人と謎の男 ( The Haunted Mansion )

    Posted by K.Mickey on   2 comments   0 trackback

    今宵はたま~に記事にする・・・

    恐怖シリーズです・・・・  

    ・・・ま、そんなシリーズ化はないんですけどね (^_^;)

    TDL 2015 hauntedmansion

    TDL 2015 ホーンテッドマンション 1

    ホーンテッド・マンションは999の幽霊が、1000人目の仲間としてあなたを待ち構えている館

    ゲストは入口に足を踏み入れた瞬間から、ゴースト・ホストの案内する怪しい声に導かれ、館の奥深くへと誘われることになります・・・

    TDL 2015 ホーンテッドマンション 2

    ゴースト・ホスト・・・
    彼こそがこの呪われた館の主(あるじ)なのか?

    彼は一体何者なのでしょうか?

    マスターグレイシー ホーンテッドマンション肖像画1

    最初の部屋に飾られている、次第に白骨化してゆく肖像画

    マスターグレイシー 2 ホーンテッドマンション肖像画2

    彼の名前は、マスター・グレイシー
    この館の主だった人物です。

    そして彼は・・・

    マスターグレイシー ホーンテッドマンション肖像画 3

    ・・・すでに、この世のものではありません。

    マスターグレイシー ホーンテッドマンション肖像画 4



    彼は富豪の家に生まれ、ハンサムでとても優しい紳士でしたが・・・
    縁者の度重なる死、特に婚約者を失ったことでひどく落ち込み、次第に精神が不安定に・・・

    ・・・そして最後には 


    ところで・・・
    ゴースト・ホストが語りかけてくる最初の部屋にこの肖像画があることもあってか、勘違いしている人が多いようですが、

    彼がゴースト・ホストではありません。 (※1)


    「マスター・グレイシーがゴースト・ホストである・・・」 という話

    それは、ディズニーワールドのキャストが作った有名なフィクションに端を発し、それが元となって2003年のエディー・マーフィ主演映画やコミックの中で同一人物として扱われたもの

    ・・・実際のパークの館におけるそれは別人なのです。

    ゴースト・ホストは、首に縄をかけられている人物

    私たちが最初にお目にかかるのは、伸びる部屋で天井に首を吊られているシーン
    それが彼・・・

    ゴーストホスト ホーンテッドマンション

    ディズニーランドでは、生前の彼の肖像画が通路に飾られているそうですが、見ての通りグレイシーとは全くの別人です。
    TDLでは、ゲストを目で追いかけてくる回廊の肖像画としてその姿が登場します。 (※2)

    イマジニアのJason Surrellによると、TDLの音楽室でピアノを弾いている謎の影もゴースト・ホストのものである・・・とも (※3)

    彼はいったい何者なのか??

    TDL 2015 ホーンテッドマンション ゴーストライター

    ・・・この呪われた館の秘密は諸説あり、実は何が真実なのかは明確ではありません。

    TDL 2015 ホーンテッドマンション 無限の廊下

    この館に住むマダム・レオタという呪術師(水晶の中の女性)が、グレイシーの家族や縁者を次々と殺したという話も・・・

    館の奥深く、ウェディングドレス姿の女性は命を奪われたグレイシーのフィアンセではないか?ということも・・・ 

    TDL 2015 ホーンテッドマンション 花嫁

    全て・・・謎です。

    TDL 2015 ホーンテッドマンション ヒッチハイキングゴースト

    真実は闇の中・・・
    語られなければ、決して伝わらないものなのです。

    ・・・伝わらないままに、ほのかな想い、恋心も、楽しかった思い出までも時間とともに薄れ、そして消えてゆく・・・

    この館には、どこまでも謎深く、そして哀れな“人”という生き物の性、情念が漂っているようですね。

    TDL 2015 ホーンテッドマンション 4



    夢溢れるファンタジーランドの一角にひっそりとあって、“ ゴーストたちの楽しい宴 ” という見せかけの裏に潜む・・・

    TDL 2015 シンデレラ城 トワイライトシーン

    ・・・実はとても陰湿で、狂気と恐怖に満ちたストーリーを秘めた場所であるということは、意外と知られていませんよね。



    えっ?
    僕は大丈夫ですよ。

    例え上手くいかない結果になるとしても、想いはちゃんと伝えるようにしていますから、いつも後悔はありません 

    それに諦めの良さと切り替えのはやさも自信があります! 
    ・・・良いのか悪いのかわかりませんが 笑



    ところでこの時の僕は、1000人目の仲間としてゴースト・ホストに求められるまでもなく・・・
    むしろ自らこの館の「とある秘密の部屋」に吸い込まれていきました。

    癒しを・・・求めて

    その話は・・・

    TDL 2015 ホーンテッドマンション&グランマサラのキッチン

    また後ほど、語ることにしましょう・・・  ふふふ

    ある意味、謎の男でしょ? 笑



    参考情報:Disney haunted mansion Wiki

    ※1
    Contrary to popular belief, the Ghost Host is not a character called Master Gracey.
    The Ghost Host as Gracey meme was first spread via fan fiction written by Walt Disney World Cast Members that circulated widely online, and eventually made its way into licensed media adaptations (such as the comics and the 2003 film). This was based on the faulty assumption that the Ghost Host is the master of the house (who is depicted in the portrait above the fireplace in the foyer of the Walt Disney World and Tokyo Disneyland Mansions), and the "Master Gracey" tombstone, which in actuality was using an entirely different definition of "master.
    " Early versions of the attraction script did attribute the Ghost Host as "the lord and master of this haunted mansion," but it was an aspect of the character that didn't make the final cut.
    In the second edition of his book, The Haunted Mansion: From the Magic Kingdom to the Movies, Imagineer Jason Surrell states that "the Ghost Host is not the master of the house—Gracey or otherwise—but merely one of 999 happy haunts."

    ※2
    In Disneyland's Mansion, a full-length portrait of the Ghost Host (derived from concept art by Imagineer Marc Davis) can be found in the Corridor of Doors, depicting a tall, thin, pale, ghoulish-looking man holding a hatchet, with a noose around his neck. He has long, stringy white hair and appears to be giving the "evil eye." The portrait has been repainted many times over the years, adding and subtracting details such as scarring around his eye and blood on the hatchet blade. In 2007, a similar portrait was added to the Corridor of Doors in the Walt Disney World Mansion, in which the shadow the Ghost Host casts behind him raises the hatchet menacingly.
    The Walt Disney World and Tokyo Disneyland Mansions feature another portrait of the Ghost Host, in which he appears in a different pose.
    At Tokyo (and until 2007, at Walt Disney World), the eyes of the Ghost Host in the painting follow guests' every move.
    Walt Disney World's current version of this portrait depicts him with heterochromia (two different iris colors).
    At Disneyland, in the séance room, the Ghost Host's face appears on the wall as one of several faces in a cycle.

    ※3
    According to Imagineer Jason Surrell, in his book The Haunted Mansion: From the Magic Kingdom to the Movies, the invisible pianist who casts a shadow in the Music Room (at Walt Disney World and Tokyo Disneyland) is the Ghost Host.

    マスター・グレイシーとゴースト・ホストの写真は引用です。

    関連記事:
    恐怖の館へ(タワーオブテラー)
    ニューヨーク市保存協会


    Menu画面へ

    スポンサーサイト

    Comment

    hikaru says... ""
    こんにちは☆

    シルバーウィーク後半になりましたけど、
    いかがお過ごしでしょうか?(^^)

    ホーンテットマンション、すごく懐かしいです!
    ランドに行っていた頃には必ず足を踏み入れていましたよ♪
    ミステリアスな場所ですよね☆

    ここはゴーストたちの楽しい宴の場所だと私も思っていました。
    その裏には秘めたストーリーがあるのですね。

    あ、ポテトヘッドをプレゼントしてくださるんですか?
    その時には、1人では勇気が出ないので、
    一緒に被ってくださいね(笑)
    2015.09.22 17:24 | URL | #- [edit]
    K.Mickey says... "Re: タイトルなし"
    > hikaruさん

    こんばんは☆

    シルバーウィークはお休みが取れましたか?(笑)

    ホーンテットマンション、懐かしいですか
    開園時からあるアトラクションですが、人気衰えず・・・です。
    夏は涼しく・・・冬は暖かい・・・ライド系だから楽だし・・・
    そんなところではないですね(笑)

    なにも知らずに乗れば、ここはゴーストたちの楽しい宴の場所ですよね、確かに。
    でも、そこにあるものに一つずつ“意味がある”と考えて掘り下げてみると・・・
    確かに不気味なものですよ~

    ところで、勇気が出ませんか・・・仕方ないですね~
    じゃあ、お会いした時にポテトヘッドをプレゼントさせて頂きますよ!
    それに勿論、一緒に被ることは平気です☆
    hikaruさんが恥ずかしそうにしている顔を見られるなら、僕は構いませんよ(笑)
    2015.09.24 22:10 | URL | #- [edit]

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback

    trackbackURL:http://cafewalt.blog.fc2.com/tb.php/318-f26ce2cb
    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。