cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    恐怖の館と癒しのレストラン (グランマ・サラのキッチン)

    Posted by K.Mickey on   2 comments   0 trackback

    僕が東京ディズニーランドを訪れた際に、必ずと言っていいほど立ち寄るレストラン

    それは、海賊たちの隠れ家であったとされる青い入江、「ブルー・バイユー・レストラン」と・・・・

    スプラッシュマウンテン 2015

    スプラッシュマウンテン2 2015

    ・・・そして小動物たちの国、クリッター・カントリーにあるここ「グランマ・サラのキッチン」です。

    余談ですが、クリッターとは動物(特に家畜などを指す)を意味するクリーチャー(creature)の方言です。

    グランマ・サラのキッチン2 2015

    ご存知の通り、「グランマ・サラのキッチン」はジャコウねずみのサラおばあさんが営むレストラン

    グランマ・サラのキッチン1 2012

    このレストランは、料理上手な彼女のキッチンを、建築家のビーバー・ブラザーズ(クローレンスとブリュースター)に頼んで改装したもので、スプラッシュマウンテンのあるチカピンヒルと言う山を掘り抜いたトンネル造りになっています。

    グランマ・サラのキッチン7 2012

    アメリカ河からの入口が1階ですが、チカピンヒル中腹の入口から入るとそこが2階部分で、地下掘りしたような2階層構造になっています。

    グランマ・サラのキッチン8 2012

    グランマ・サラのキッチン3 2012

    1階や2階のところどころの柱や壁にある小さな扉は、小動物たちの住み家

    小動物たちは、家から直接店内へと出入り自由のようですね。

    グランマ・サラのキッチン11 2012

    グランマ・サラのキッチン10 2012

    グランマ・サラのキッチン9 2012

    グランマ・サラのキッチン4 2015

    グランマ・サラのキッチン5 2015

    グランマ・サラのキッチン5 2012

    キッチンのある1階は巨木を中心に据えたメインダイニングになっており、その近くにはジャコウねずみのおじいさんが、ウッドチェアに腰掛けて気持ちよさそうに眠っています。

    グランマ・サラのキッチン13 2015

    あまりに気持ちよさそうだから・・・

    グランマ・サラのキッチン14 2015

    かわいそうなので、そっとしておいてあげましょうね 笑

    グランマ・サラのキッチン6 2012

    2階には、たくさんの肖像画や思い出の写真が・・・

    グランマ・サラのキッチン6 2015

    グランマ・サラのキッチン12 2015

    グランマ・サラのキッチン7 2015

    とても暖かさを感じさせます。

    グランマ・サラのキッチン8 2015

    グランマ・サラのキッチン9 2015

    ところで、この2階のとある一角(階段上がって左手、エレベーターに向かって左横のあたりの一段高くなっている壁が石造りの小間)

    グランマ・サラのキッチン10 2015

    ここは前々回の記事で取り上げたホーンテッド・マンションとつながっていることをご存知でしたか?

    外から見たところが、同記事の最後の写真の窓(以下)ですが・・・

    TDL 2015 ホーンテッドマンション&グランマサラのキッチン

    館の中庭

    そこは呪われた一族の納骨堂があるQラインの奥に建つ建物 (ハロウィーン時期の昼間に見るとこんな感じ)

    グランマ・サラのキッチン&ホーンテッドマンション 2012

    グランマ・サラのキッチン&ホーンテッドマンション 2012

    グランマ・サラのキッチン2階の店内からは・・・

    グランマ・サラのキッチン&ホーンテッドマンション3 2015

    グランマ・サラのキッチン&ホーンテッドマンション 2015

    ・・・その窓から眺める景色からも、ここが中庭を見下ろせる恐怖の館ホーンテッド・マンションの一部であることがわかりますね。

    グランマ・サラのキッチン&ホーンテッドマンション2 2015

    外から見たとき、この曇りガラスの奥に食事をしている人影がゆらめき、ゴーストが徘徊していると噂されることもあるそうで・・・

    ・・・はっきりと人の姿を映さない作りは、その演出を狙っていると言われます。

    多くの陰湿な出来事が起きて、人が住まなくなった恐怖の館

    そこに小動物たちが、山をくり抜いた洞穴をその一部につなげて勝手に?内装を変えてレストランの一角にしている・・・
    下の写真、小間のすぐ際まで小動物の家があることがわかります  笑

    何とも滑稽で、微笑ましいですよね。
    「恐怖」と「癒し」なんて対極にあるものなのに 


    グランマ・サラのキッチン11 2015

    「恐怖」なんてものは、人の心が勝手に作り出したものだといこうことを感じさせてくれます。


    だから前を向いたとき・・・
    人生の階段を上るとき・・・
    そして・・・

    旅立ちのとき

    先が真っ暗で何も見えない

    そんな不安があったとしても・・・

    グランマ・サラのキッチン15 2015

    ・・・何も恐れることはないのです。

    グランマ・サラのキッチン3 2015

    それにしても、このたくましさや図々しさ・・・

    これから先の僕には・・・最も必要なものかもしれません 笑

    グランマ・サラのキッチン1 2015


    関連記事:
    ・ 館の主人と謎の男 ( The Haunted Mansion )



    Menu画面へ

    スポンサーサイト

    Comment

    hikaru says... ""
    こんにちは☆

    ランドのお写真を見せていただくたびに
    懐かしい気持ちでいっぱいになります。
    私もランドに行った時には、、
    サラおばあさんのレストランに行くことが多かったです♪

    でも、その当時はまだ観察力がなかったので、
    小さな扉の存在には気が付きませんでした。
    ディズニーって、改めて演出がすごいなって思いました(^^)

    人生に不安はつきものですが、
    それに打ち勝てるたくましさを備えたいですね☆
    2015.10.03 16:41 | URL | #- [edit]
    K.Mickey says... "Re: タイトルなし"
    > hikaruさん

    こんにちは☆

    ランド、懐かしいですか 笑
    グランマ・サラのキッチンによく行かれていたのですね
    小さな扉が至るところにあるのも、クリッター・カントリーならではの
    コンセプトですよね。
    スプラッシュマウンテンも、ラケッティのお店も、カヌー探検も全て、
    話につながりがあります。

    まさか、ホーンテッド・マンションと建物で繋がっているとは
    思いもよりませんでしたが 笑

    世の中にあるモノの中で、一番の有限なものは時間だと思います。
    どんな人でも同じくその限りがあるからこそ、不安のない人はいない・・・
    だからこそ、たくましさが必要ですよね。

    その点、hikaruさんは、たくましい ! 
    そんな気がしますよ ☆ 笑
    2015.10.04 14:55 | URL | #- [edit]

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback

    trackbackURL:http://cafewalt.blog.fc2.com/tb.php/320-6cb41b08
    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。