cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    古代文字の解読(Rosetta stone replica ~ Egypt collection②)

    Posted by K.Mickey on   2 comments   0 trackback

    これは、あの超有名な"ロゼッタストーン"の・・・・・・レプリカです。

    かのツタンカーメン王の黄金のマスクを展示してあるエジプト考古学博物館のショップで購入しました。 

    しかしながらご存知の通り、実物はエジプトにはなく、大英博物館に収蔵されており、カイロの博物館には実物大のレプリカが展示されているという何ともおかしな話でございます。(エジプトにおけるフランス軍との戦争でイギリス軍が勝って接収だとか)

    Rosetta stone replica

    K.Mickeyは、博物館でレプリカの展示を見て、その後レプリカ(小型版)を買ったってことになりますね。 

    ロゼッタストーンは、表面に3種の言語(神聖文字、民衆文字、ギリシャ文字)による碑文が刻まれていることで、エジプト古代文字翻訳の端緒となった、エジプト史解読において最も重要な石碑であると言えます。

    名前の由来は、ロゼッタにて発見されたから・・・でしたね。

    因みに本物の写真はこれです。(H1.14m、W0.72m、D0.28m、762Kg)
    さすがに、重厚感が全く違います。  (その上、歴史の重みの部分は相当ありますね。)

    Rosetta Stone Oliginal

    前にも触れましたが、数あるエジプトの遺跡(神殿や葬祭殿等)には、それはもう凄まじい数のレリーフが刻まれており、人物や神々などの絵だけでなく、文字も相当・・・
    つまり、喜ばしいことに数千年前の情報が奇跡的にたくさん残っているのです。

    しかし、このヒエログリフという神聖文字(象形文字)が理解できなければ、せっかくの情報も何の役にも立たないわけです。

    文字を解読することは、史実を明らかにする原点とも言えます。

    さてそれでは読んでみよう。

    ・・・・・。

    う~ん。わからん。


    ロゼッタストーンの解読は、ナポレオンの遠征で発見され、それに帯同した者も含め、当時、相当多くの学者が挑戦したようですが、成功したシャンポリオンまで何と約23年もかかったとか。

    実際には、そんな単純なものではなかったようです。

    文字がわからない。 言葉がわからない。 意味がわからない。  そして使えない。

    言語には今でも悩まされます。

    全てを正しく理解し、使いこなすのは、学者でなければ不可能でしょう。
    そして相当な時間がかかる。

    いつの時代も同じですね。



    Menu画面へ

    スポンサーサイト

    Comment

    hikaru says... "No title"
    こんにちは☆

    古代文字の解読ですか。
    その台詞だけで
    学者になったような気持ちになりますね(^^)

    象形文字などの解読は難しいですよね。
    でも、分からないからこそ、
    魅力があるのかもしれませんね☆
    いつか解読できるといいですね♪
    2011.08.04 14:20 | URL | #yd3ovDBc [edit]
    K.Mickey says... "Re: No title"
    > hikaruさん

    こんばんは
    いつもコメントありがとうございます。 e-454

    このようなことは、私の才能と根気ではなかなか難しそうです。e-350e-330

    ディズニーシーにはロストリバーデルタやアラビアンコーストなど、古代(歴史)、アラビアを感じる場所がありますが、本当にロマンを感じますよね。 e-349e-420

    お土産品ではありますが、ご紹介したようなものも、同じように感じてついつい購入してしまいます。

    パークのように上手く融合させて飾ることはできていませんが・・・ e-351

    2011.08.04 20:23 | URL | #- [edit]

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback

    trackbackURL:http://cafewalt.blog.fc2.com/tb.php/37-2b0b3e1f
    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。