cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    FantasyとMagicのバランス (TDS版 Fantasmic!)

    Posted by K.Mickey on   2 comments   0 trackback

    Fantasmic!はFantasyとMagicとからなる造語であるといわれていることはご存知の通りだと思います。(但し、Fantasyと+Dynamicだとか、+Mickeyなどと諸説ありますが・・・  )

    このショーは、元々、1992年にDL(アメリカ川)で上演され、好評であったことで、WDW(MGMの専用劇場)、そして今年TDSに導入されたものですね。

    オリジナルのFantasmic!を演出面で作り上げた人物は、バーネット・リッチという女性の方です。

    それでは以下、少し長くなりますが、K.Mickeyの感想(主観)を述べます。

    今回、TDSで見た率直な印象は、FantasyとMagicのバランスが日米で異なっているということでした。

    端的に言うと、『TDS版はFantasy偏重、対してUS版はMagic偏重』といった感じに思えました。

    TDS photo4(Fantasmic!)

    TDS版は、前半からキャラクターを前面に出した明るく派手な構成で、広いハーバー且つ、全方向視点であっても十分に楽しめる演出を意識していたように感じます。

    ボートの多用、球体スクリーンの発案もそのためでしょう。

    前半から人気キャラのてんこ盛り状態で、ショー定番のCircle of life、Part of your world、A whole new world・・・・・・と、これでもかと人気ソングを詰め込んでいます。(私的には、スティッチの部分に若干違和感がありましたが・・・。

    一方のUS版はWaterスクリーン主体で、どちらかと言えば前半は抑え気味。

    オリジナル曲以外は全くと言って良いほど使わず、ミッキー以外のキャラの登場も少ないため、TDS版の演出と比べるとかなり地味です。

    US版では途中にショーが入ります。

    特にDL版のピーターパンのショーはとても迫力があり、見応えがあります。(帆船コロンビア号が目の前を横切りながら、船上でフック船長との戦いが繰り広げられます。

    このショー、僕は大好きですが、TDSのような光り輝く派手さはないです。
    勿論、TDSでこれをやろうとしても色々な面で無理ですが・・・。 

    WDW版のポカホンタスに至っては、さらに地味な印象ですが、もともとそこを求めていないので・・・。

    この前半部分の演出の違いが、個人的にTDS版がFantasy面での印象が強い理由であると思っています。 



    一方、中盤から後半は、ヴィランズとの戦いからフィナーレに向けて、魔法(Magic)の演出がポイントになっていると思います。

    ここはUS版の方が力が入っている印象でした。 

    TDS版の鏡の演出はUS版には無く、とてもよく考えられた素晴らしい演出であると思いましたが、それ以外は曲も含めてUS版の迫力には見劣りします。 

    これはハーバーという公演場所の問題も大きく影響していると考えられます。

    TDS版の後半で特に気になった部分を挙げると、以下の通りです。 

    ◎ドラゴンとの対決シーンが短い。 
    ⇒全体的に詰め込みすぎた為でしょうか。曲もUS版のものを短く端折っており、登場してもあっさりやられた印象です。ここはヴィランズの優勢シーンにもっと時間をかけるべきではなかったか。

    ◎最も重要と感じる倒した後からフィナーレまでの曲の盛り上がり調子が今ひとつ。
    ⇒原曲をアレンジして付け加えた部分にややミスマッチ感があるのと、やたらにイマジネーションという歌声が多すぎるような。前半はともかくも、後半部分については必要性を感じないイマジネーションソングを無理やり原曲に入れ込んだ感がありました。

    ◎キャラ登場シーンが幾つかの小船に分散しているため、どうしても迫力に欠ける。
    ⇒DLでは、戦いの後の静寂の中、蒸気船ウィリー姿のミッキーが操舵し、全てのキャラが乗り込んだ光輝くマークトゥウェイン号が突然現れて、目の前を横切りますが、このような全員が搭乗できる巨大船がハーバーに入れない。あるいはハーバーが全方向視点なので、US版のような一点集中の演出が難しいことなどが影響しているように感じます。

    ◎これも重要な要素であるミッキーのサプライズ演出(瞬時に現れ、瞬時に消える)の回数が少なく、しかも粗雑。 
    ⇒演出回数が1回しかなく、その上、消える場面が瞬間技に見えない。なぜTDLにおけるキャッスルショーでは、ミッキーの移動やプリンセス衣装変化において瞬間技が出来るのに、ここでは出来ないのでしょうか。場所の問題で、足場の悪いハット上のみでの演出とならざるを得ないからと思われます。それとミッキーがいる場所の手摺がどうしても気になりました。そういったものを見せないのがディズニーの良さなのですが・・・。

    先にUS版(特にDL版)を見ていた先入観もあり、以上のような感想となりました。 

    上記した後半部分の諸問題は、以前の記事に書いた通り、事前に感じていたことですが、これら全て、公演場所が広いハーバーであることが要因でしょう。だからこそディズニーがそこをどのようにクリアしてくれるのか期待があっただけに、余計のことやや残念な感じではありました。 
    (US版はミッキーにしてもヴィランズにしても、キャラが直接演じている場面が多いのに対して、TDS版は映像多用とハイテクに偏重していることも、場所を意識して大きく明るく見せるためかと。)



    また察するに、それまでのTDSのショー、取り分けブラヴィッシーモ!などと比べ、ディズニーシーの雰囲気に合っているかどうかということにも、恐らく人によって賛否が分かれるのでしょうね。
     
    Fantasmic!自体がもともとが夢と魔法のディズニーランドのショーであり、それを、さらに一層明るい演出にしているので・・・。 


    と、このように書くと、どちらかと言えばマイナス面を誇張したような内容になってしまいましたが、全体を通しては、さすがはディズニー!といったショーで、他では真似ができないハイレベルな完成度であるということは間違いありません。 

    K.Mickeyがディズニーに求めるものは、その完成度の高さです。

    そのような、あくまでディズニーに対する私の過大な期待度から見たところでの感想です。 

    人によって好みの問題は当然あると思いますし、観る位置などによっても印象は変わるのでしょう。

    だから今回の僕の感じた個人的見解で、どちらが良い悪いということでは、決してありません。 


    敢えて言うならば、『US版Fantasmic!』と『TDS版ファンタズミック!』は似て非なるもの・・・・。
    しかし、それぞれに魅力がある。 

    それが率直な感想であり、僕にとってはいずれもディズニーらしい素晴らしいショーであったということは言うまでもありません。

    だから次回のインパ時にも必ず鑑賞します。

    その際は、違った角度から観ることで新しい発見をして楽しみたいと思っています。 

    (他の人の記事・感想を殆ど読んでいないのですが、皆様の印象はまた違うのでしょうね。K.Mickeyのブログ内でもディズニーを褒めちぎるばかりでなく、タマには、このような辛口コメントがあっても良いものかと・・・思っています。)


    追記:関連記事(CD)関連記事(Poster)



    Menu画面へ

    スポンサーサイト

    Comment

    ナベ僧 says... "No title"
    こんばんは(^^)
    私はUS版ファンタズミック!を観たことはありません。
    また、他人がアップしたものなども見る気にはならないので見ません。
    ですが、K.Mickeyさんの評価を拝見して
    とても勉強になりました。
    ありがとうございます。

    かく言う私は観た当日には批判していた人物です(笑)
    ブラビのような独創性を感じず、キャラにおんぶに抱っこ
    そして、観る人のイマジネーションを無視した
    レールの出来上がったショーって感じでメチャクチャ言ってました(~_~;)
    どうしても、ブラビと比べちゃっていたんですよね。
    でも、今は少し違ってきました。
    とても楽しいショーだと思うし、流石ディズニーって思ってます。
    人には見慣れしたのかも?って言ってますが
    実際にはハマってしまってます(笑)
    ただ、どうしても理解できなかったのは
    ハーバーにシンデレラ城が出現したことですね。
    これだけは未だに自分の中では許してません(笑)
    2011.09.11 22:47 | URL | #QzfqCtzQ [edit]
    K.Mickey says... "Re: No title"
    > ナベ僧さん

    こんばんは。
    コメントありがとうございます。e-454

    > とても勉強になりました。ありがとうございます。

    いえいえ、私自身の感想を述べただけですので・・・。
    ナベ僧さんの感想(シンデレラ城)も、もっともだと思いましたよ。 e-348

    > ブラビのような独創性を感じず、キャラにおんぶに抱っこ・・・

    私もUS版のFantasmic!をそのままTDSに持ってきても、場所の問題で難しいと思っていたので、
    どのようにアレンジしてくれるのかに期待がありましたが、そのアレンジされた箇所の大部分が、
    やや私の求める方向性とは違っていた・・・ということです。 e-441

    > でも、今は少し違ってきました。とても楽しいショーだと思うし、流石ディズニーって思ってます。

    その通りだと思います。
    どうしても色々なものと比べてしまうのですが、ショー自体の完成度は高いですし、これだけのものを
    観れる所は、今の日本には他に無いでしょう。
    だから楽しまないといけませんね、ホント。e-80e-420

    2011.09.12 19:20 | URL | #- [edit]

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback

    trackbackURL:http://cafewalt.blog.fc2.com/tb.php/47-359dcc7f
    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。