cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    世界遺産のシンボル(RamessesⅡPapyrus~Egypt collection③)

    Posted by K.Mickey on   4 comments   0 trackback

    冒険(遺跡)好きのK.Mickey! 

    最近は、アジアや南米の密林の奥深く、さらに海底など ↓

    TDR photo 2011

    ・・・・といったようなところの遺跡探検ツアーに参加することが専らですが・・・・ 

    今回は、ちょっとディズニーから脱線します。 





    この絵のグリーンとブルーの色合いが大好きです。 

    Ramesses II Papyrus1

    このパピルス画は、エジプトのギザ郊外にある、あのロス五輪柔道で有名なラシュワン選手ゆかりのパピルス専門店で購入したもので、『カディシュの戦い』という、エジプト史においてはとても有名な戦いを描いたものです。

    『カディシュの戦い』とは、紀元前1274年に現在のシリア、オロンテス川一帯で起きた、エジプトとヒッタイトとの戦いで、公式軍事記録が残され、また成文化された平和条約が取り交わされた史上初の戦いでもあるといわれています。

    パピルス画に描かれている人物は、ラムセス2世というエジプトのファラオです。 

    そして彼は、エジプトで最も有名なファラオの1人です。

    なぜなら彼は、建築王と呼ばれているほど、多くの歴史文化遺産を現代に残しているからです。
    故に、エジプト史に興味があって調べた方、あるいは旅行で行かれた方は、彼の残した巨大な遺跡群(神殿)を数多く目にすることになります。

    さらに映画「十戒」では、モーセを追放し、そしてあの有名な紅海を割ってモーセが逃げるシーンで、モーセを追い詰めるファラオ、その人でもあります。(古っ!

    しかし、多くの人にとって何よりも彼を有名にした話題、その代表例が、ユネスコの「世界遺産」と言えるでしょう。

    そう、下の写真、この人がラムセス2世です。

    Abu Simbel Temples 1

    世界遺産に興味がある人は、絶対に知っている! 世界遺産の象徴(代表)とも言えるアブ・シンベル大神殿。

    アスワン・ハイ・ダムの建設によってできたナセル湖に、この遺跡が沈むことを防ぐために、何とこの山のように巨大な神殿をいくつかのブロックに切り分けて約60mも移築させた・・・、それが世界遺産を創設したきっかけだからです。 

    ここに鎮座している4人のファラオ。
    これらは全て年齢が異なるラムセス2世自身です。(左から若い順)

    エジプトの遺跡は、ピラミッドを筆頭に巨大なものが多いですが、このアブ・シンベル大神殿も相当な大きさです。(足元の台座で、大人の男性の背丈よりも高いです。  )

    よくこんな大きなものを作ったものだな・・・と思ったそれ以上に、

    よくもまぁ、破損せずに移築できたものだと・・・しかも移築前の破壊状況までそのまま再現して。


     
    K.Mickeyにとっては、そちらの技術の方が感動です。 

    Ramesses II Papyrus2

    話は戻りますが、『カディシュの戦い』は、結局、引き分け(実質はエジプトの敗色濃厚)だったようですが、この絵のように、エジプトでは、ラムセス2世が勇猛果敢に戦うレリーフを刻み、大勝利のような記述を多く残しています。

    これぞ、今の世にもある情報操作ってやつですね。 


    今回は、肝心のパピルスについての紹介ができませんでしたが、それについては、また後ほど・・・ 



    P.S.  

    それにしてもエジプトやギリシャの昨今は、ちょっと政情不安ですね。

    現在に比べると、僕が訪問した際は未だ平穏でしたが、それでも、エジプトでは訪問直前に銃撃テロがあり、ギリシャ(アテネ)でも訪問していた際に、デモ行進のようなものに遭遇しました。
    そういうことから考えると、もともとそのような気風があるのかもしれませんが??・・・

    魅力的な遺跡が数多くあるだけに、とても心配しています。  



    Menu画面へ


    スポンサーサイト

    Comment

    hikaru says... "No title"
    おはようございます☆

    仕事前(超直前)に立ち寄らせていただきました(^^)
    わぁ~~~
    どのお写真も見ていると、冒険的な気持ちになれますね!

    魅力的な遺跡がたくさんあるだけに
    確かにエジプトやギリシャの昨今は
    少し心配ですね。

    でも、今日は朝から世界遺産のお写真を見れて
    なんだか清々しい気持ちで仕事がスタートできそうです♪
    2011.10.22 08:52 | URL | #yd3ovDBc [edit]
    K.Mickey says... "Re: No title"
    > hikaruさん

    こんばんは
    仕事前、しかも超!直前のお忙しい時なのにコメント頂けるなんて、
    感激です。 e-80

    ありがとうございます。

    エジプトに限らず、歴史のある場所に実際に立つと、人の営みの深み
    というか重みというか・・・色々と感じることは多いですよね。

    そしてディズニーパークに行くと、Walt Disneyがとても偉大な
    冒険者だったんだといつも感じます。
    未だに彼の夢見た冒険(その意思)は、続いているのですから・・・
    ホント凄いことです。e-420

    そういえば、最初の写真にある冒険の数なら、私よりhikaruさんの方
    が遥かにエキスパートですよね。 e-348e-420


    2011.10.22 19:09 | URL | #- [edit]
    ナベ僧 says... "ロマンですね(^^)"
    なんとも、言えない素敵な風合いですね。
    とても上品な色使いだと思います。

    そしてその一枚の絵から伝わる当時の歴史とその重さ。
    ロマンですね。
    語っても語っても語りつくせぬ深さを感じます。
    小さなバーのカウンターでこの絵を肴に語り合う声。
    カウンターの上にはグラスが二つ。
    そして手前のグラスに手が伸び口元に持っていく姿がK.Mickeyさん。
    そんな光景を想像できてしまいました。
    2011.10.22 20:08 | URL | #QzfqCtzQ [edit]
    K.Mickey says... "Re: ロマンですね(^^)"
    > ナベ僧さん

    また冒険のエキスパートがいらっしゃいましたね。e-80

    おはようございます。
    いつもコメントありがとうございます。

    ロマン、正にその通りです。
    そして人生にはロマンが必要ですよね。e-420

    ところで、ディズニーから日々、無限の刺激を得ておられる
    ナベ僧さんはホント、一級のイマジニアでいらっしゃる。e-454
    私は、ナベ僧さんのイメージされる、そんな洒落た男e-12では
    全くありません(⇒むしろ泥臭いタイプe-400です)が、
    それでも、いつも夢や理想は持っていたいe-420・・・
    とは思っています。

    残念ながら、現実とのギャップを楽しむ日々が続きますけど e-443
    2011.10.23 11:35 | URL | #- [edit]

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback

    trackbackURL:http://cafewalt.blog.fc2.com/tb.php/55-00c30dee
    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。