cafewalt

    素敵な音楽とDisney-artの世界に浸りながらの一杯・・・  今日も大人を楽しむ時間

    スポンサーサイト

    Posted by K.Mickey on

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    今日は追憶 (T's BALLAD)

    Posted by K.Mickey on   2 comments   0 trackback

    今回は、ちょっとした昔話を・・・。

    大学時代はバンドをやっていました。

    最初はバリバリの格闘系運動部に入るつもりでした・・・が、練習メニューを見ただけで、「求めるものが違う・・・」(=ハードすぎて腰が引けた)とあっさり諦め、暫くの間プラプラしていたところを友人にスカウトされた・・・きっかけはそんな程度です。 

    僕を誘った友人はサックス兼ベーシストで、長身ゆえにステージ上では映えました。
    でも僕にとっては、下宿先でアンプにつながないベース音を朝から晩まで聴かされていた印象が一番強いかな・・・ 

    キーボード担当の友人は黒縁メガネを取るとソース顔のギラギラした男前で、女性ファンも多かったのですが、原曲は何処へ??と思うほどアレンジし過ぎのところが・・・ 

    ・・・他のメンバーも曲者ばかり・・・(省略)

    でも、半端な僕を除き、みんな本当に音楽を愛していましたね 

    だからこそ選曲にしてもアレンジにしても練習では主張がよくぶつかりましたが・・・

    情熱が溢れてました 

    そのこともあってコンサートでは洋楽、邦楽入り乱れたごった煮


    そんなバンドをやっていた頃の選曲で、メンバーの一人がお気に入りだったアーティスト 

    「角松敏生」

    勿論、今でも現役ミュージシャンですが、あまりご存じない方のほうが多いでしょうかね
    (実は僕も知らなかった一人。高校時代は完全なる洋楽派でしたから。でも当時、既にその世界では有名な方だったようです。)

    T's BALLAD


    STILL I'M IN LOVE WITH YOU from T's BALLAD

    彼の曲は当時の僕の心にとても響きました。

    曲を聴きながら、友人と、よく夜の海を見にドライブに行ったものです。(既に立派な妄想族でしたね。)


    華やかな文化を持つアメリカという国に憧れ、バイトで稼いだ金をアメリカ周遊とバイクにつぎ込んだ青春時代
    (⇒それが結果として、ディズニーに強く関心を持つきっかけになったわけですが・・・・) 

    America 1

    不安など無く、のん気にキラキラした夢ばかりを見ていました 

    America 2

    でも、本気で追いかける努力はしていなかった
    自分から追いかけないと掴める夢なんてないのに・・・

    America 3
    America 4

    だけど、それもまた青春なのですよね。




    Menu画面へ">Menu画面へ

    スポンサーサイト

    Comment

    hikaru says... "No title"
    こんにちは☆

    大学時代にバンドをやっていたんですね!
    すごいですね!
    K.Mickeyさんは、何の楽器をやっていたんですか?

    私はですね、経験者でも何でもなく、
    学生の頃、独学だけで、合唱コンクールの伴奏者を
    やってしまったことがあるんですよ(^^)
    今思うと、すごい度胸ですね(笑)
    でも、音楽は聴くのも演奏するのも好きだったので
    出来たのかなと思います。

    いつの時代も音楽っていいですよね♪
    2012.06.10 14:30 | URL | #yd3ovDBc [edit]
    K.Mickey says... "Re: No title"
    > hikaruさん

    こんばんは。
    いつもコメントありがとうございます! e-80

    バンドといってもそんな凄いわけではありません。
    サークルの先輩には超人気のスターもいましたが、
    実際、チケット販売もノルマがあって大変でしたよ。

    複数のバンドを経験し、楽器としてはG.を少々担当
    したこともありました。
    でも、最初スカウトされたのは音痴なのにVo.としてでした。
    何せ記事の通り、メンバーはいずれも演奏マニアだった
    のでそこだけ空席で・・・ まぁ、彼らにとって、そこ
    は誰でも良かったのでしょうe-351

    リンクした角松敏生の曲を聴くと、夢ばかり語っていた、
    そんな昔を思い出します。e-420
    因みに写真のデニム帽子は、旅先(アメリカ)で買って
    ずっと被っていたもので、共にアメリカを旅した思い出
    の品です。e-420

    それよりもhikaruさんの方が、余程凄いです。 e-460
    合唱コンクールなんて、場の雰囲気だけでも緊張して
    しまいますよ。e-447
    2012.06.11 22:24 | URL | #- [edit]

    Post comment

    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback

    trackbackURL:http://cafewalt.blog.fc2.com/tb.php/90-e0ed2ac9
    ネット証券といえばクリック証券
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。